「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【きばれ!】鹿児島県の野球強豪校5選

2016 8/13 06:01
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子も男子も強いぞ!【学校法人神村学園高等学校】

鹿児島県の高校野球強豪校といえば、鹿児島実業、樟南、鹿児島商業が有名だったが、最近は神村学園も力を付けてきている。
2005年春の選抜甲子園大会に初出場し、いきなり準優勝の成績を収めると、2007年には鹿児島県内の有力校を破って夏の選手権大会にも出場している。 現在、埼玉西武ライオンズで先発を務める野上亮磨選手が代表的な卒業生である。 また、女子野球にも力を入れており、女子プロ野球選手も多く輩出している。

ムネリンの母校!【鹿児島県立鹿児島工業高等学校】

私立高校の強豪校が多い鹿児島県の高校野球だが、鹿児島県立鹿児島工業高等学校は、県立ながら春夏の甲子園に出場している。これは、鹿児島県内では唯一の記録だ。
初めて甲子園に出場した2006年夏の選手権大会では、初出場ながらベスト4まで駒を進めている。この大会で鹿児島工業が準決勝で敗れたのは、”ハンカチ王子”こと斎藤佑樹選手擁する早稲田実業高等学校だった。翌年春の選抜大会にも出場し、3回戦まで進出して前年夏の大会が偶然ではなかったことを証明している。 卒業生ではメジャーリーグで活躍する”ムネリン”こと川崎宗則選手が有名である。

おすすめの記事