「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園における延長再試合の歴史を振り返る

2017 6/30 12:56cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうひとつの再試合「早稲田実業vs.関西」

早稲田実業の再試合といえば、2006年夏の甲子園決勝の駒大苫小牧との一戦を思い浮かべるファンが多いだろう。斎藤佑樹選手と田中将大選手が、死闘を尽くしたあの一戦だ。
しかし早稲田実業は、その一戦の前にも延長再試合を経験していた。2006年春のセンバツ2回戦、関西高校(かんぜい)戦を7-7で引き分け、再試合で4-3と勝利し、準々決勝へと駒を進めている。奇しくも再試合では、駒大苫小牧戦と同じ4-3で勝利を収めているのだ。
2005年夏の甲子園終盤で大逆転負けを喫した関西高校は、リベンジのために戻ってきた甲子園で驚異的な粘りを見せ、早稲田実業を苦しめた。早稲田実業は、7回表終了時点で6-2と4点のリードだったが、7回裏に上田剛史選手(現ヤクルト)の2点本塁打で6-4と2点差に迫られた。
しかし9回に1点を奪い、7-4とリードを3点に広がる。その裏で無死満塁のピンチを招くと、安井一平選手が走者一掃の適時三塁打を放たれ、7-7の同点に追いつかれる。その後、両チームとも譲らずに15回を戦い終え、結果7-7で再試合となった。再試合も関西高校の粘りが効いた試合となった。
2-0とリードし終盤を迎えた早稲田実業は、7回に1点、8回に2点を失い、2-3と1点のビハインドで最終回となる。この回、相手の失策などで2点を奪った早稲田実業は、4-3と再逆転。最後は斎藤選手がピンチを招くが、0点に抑え4-3で勝利している。 これが早稲田実業の「もう一つの延長15回引き分け再試合」だ。

過去には再試合も!徳島商vs.魚津、作新学院vs.八幡商

元祖 延長再試合は、徳島商業高校と魚津高校の一戦だった。これは、延長18回再試合の規定が決まった年に、甲子園で行われている。現在、タレントとして活躍している板東英二は、当時の徳島商業高校エースだったと言うこともあり話題になることも多い。0-0で引き分けに終わったこの試合は、再試合で徳島商業高校が、3-1で勝利して準優勝にまで上り詰めている。
1962年の春夏連覇を果たした作新学院高校も、春のセンバツで延長再試合を経験。0-0の引き分けを耐え抜き、再試合でも2-0と接戦をものにし、春のセンバツ優勝に近づいたのだ。 このように、甲子園のターニングポイントで再試合は起こっているのだ。

他の再試合は?延長再試合まとめ

2017年春のセンバツまでに12回起こった、延長引き分け再試合の結果をまとめた。

1958年夏 準々決勝:徳島商業高校 0-0 魚津高校(3-1)
1962年春 準々決勝:作新学院高校 0-0 八幡商業高校(2-0)
1964年夏 2回戦:掛川西高校 0-0 八代東高校(6-2)
1969年夏 決勝:松山商業高校 0-0三沢高校(4-2)
2003年春 準々決勝:東洋大姫路高校 2-2花咲徳栄高校(6-5)
2006年春 2回戦:早稲田実業 7-7 関西高校(4-3)
2006年夏 決勝:早稲田実業 1-1 駒澤大学附属苫小牧高校(4-3)
2007年夏 2回戦:佐賀北高校 4-4 宇治山田商業高校(9-1)
2008年春 3回戦:龍谷大平安高校 3-3 鹿児島工業高校(1-0)
2014年春 2回戦:桐生第一高校 1-1 新庄高校(4-0)
2017年春 2回戦:福岡大学附属大濠高校 1-1 滋賀学園高校(5-3)
2017年春 2回戦:高崎健康福祉大学高崎高校 7-7福井工業大学附属福井高校(10-2)

長い甲子園の歴史の中でも、たった12回しか起こっていない延長引き分け再試合。
過密日程、投手の連投祖含めた健康状態を考えると日程の調整など議題は多いが、一方で多くの感動を与えてくれていることも事実だ。今後の対策を考えながら球児たちにとってよりよい形になることを期待したい。

おすすめの記事