「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年選抜大会で活躍した選手たち【野手編】

2017 6/28 09:44Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

機動破壊は健在!さらに1発攻勢も見せた健大高崎

続いては健大高崎の選手たちを紹介していこう。大会はベスト8となった健大高崎だが、やはりその機動破壊は健在だ。準々決勝までの4試合(引き分け再試合を含む)で13盗塁を記録。特に福井工大福井戦では、1点ビハインドの9回ツーアウトから、なんとホームスチールで1点を追いつくという、かなり高度な野球を展開していた。

ツーアウトでランナーは2・3塁という状況。ここで2塁ランナーの安里樹羅(あさとじゅら)選手がリードを大きくとり、わざと投手の牽制を誘うと、その隙を狙って3塁ランナーの小野寺大輝選手が、一気にホームへと帰ってきたのだ。そしてこの隙に安里選手も3塁へ。ずっと練習していたプレーだそうだが、この土壇場の場面で決めてしまうところに、健大高崎野球の恐ろしさが垣間見える。

この盗塁を含めて小野寺選手はチーム最多の4盗塁を記録。同じく安里選手も4盗塁を記録した。キャプテンであり、安里選手と二遊間を組む湯浅大選手が大会前のケガで試合に出られなかったのだが、それでも選手一丸となってベスト8まで勝ち進んだ。

さらに、今年の健代高崎は豪快なバッティングも見られた。4番を打つ2年生の山下航汰選手だ。1回戦の札幌第一戦では7回に満塁ホームランを放つと、福井工大福井との再試合でも、4回に満塁ホームランを放ち、なんと1大会で2本の満塁弾を放ったのだ。

これは15年の選抜で敦賀気比の松本哲幣選手が記録して以来、史上2人目となる。11打点は今大会の打点王。機動破壊に加えて、勝負強い4番バッター。ここにキャプテンまで戻ってくるとなれば、夏の大会でも優勝候補になりうるチームだ。

2年生野手の活躍が印象的だった選抜大会

2017年選抜大会は2年生の活躍が非常に印象的な大会だった。今回紹介した大阪桐蔭の根尾選手、山田選手、履正社の浜内選手、西山選手、報徳学園の小園選手、健大高崎の山下選手、みんな2年生だ。他には、早稲田実業で清宮幸太郎選手の後ろを打っていた野村大樹選手や、9番ながら4打点を稼いだ野田優人選手も2年生。

名門校でレギュラーを獲得するだけでも大変なのに、それを2年生の時から任されるなんて、相当なポテンシャルを持っているのだろう。

おすすめの記事