「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球選抜2017、激戦を勝ち抜いて見事優勝した、大阪桐蔭

2017 5/15 09:56hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

接戦を勝ち抜き準決勝に進出

準々決勝の対戦相手は、九州代表福岡県の東海大学付属福岡高等学校でした。東海大福岡は32年ぶり2回目となる古豪です。
この試合は東海大福岡が安田大将投手、大阪桐蔭は徳山投手の先発で始まりました。投手戦となった5回裏、大阪桐蔭は安打と三塁打で1点を先行すると、7回にも2点を加え3対0とリードを奪います。しかし、8回に2点を返され3対2となりましたが、その裏1点を挙げ、4対2とすると9回は徳山投手が3人で抑えて、接戦を勝ち抜き準決勝にコマを進めました。

2戦連続九州勢との接戦を制し、決勝進出

準決勝の対戦相手は、九州代表熊本県の秀岳館高等学校でした。秀岳館は2年連続3回目の出場で、2016年は夏の大会にも出場、ベスト4まで勝ち進んでいます。
試合は大阪桐蔭が徳山投手、秀岳館は田浦文丸(たうら ふみまる)投手の先発で始まりました。お互いにチャンスを生かせないまま5回まではゼロ行進が続きます。しかし6回表、二塁打のランナーを送りバントで三塁に進め、1点を先行すると、8回にも1点を加え2対0と差を広げ、徳山投手が秀岳館の攻撃を8回裏の1点だけに抑え逃げ切りました。

大阪対決を制し、5年ぶり2回目の優勝

決勝の対戦相手は、同じ大阪の履正社高等学校でした。履正社は2016年明治神宮野球大会優勝校で、今大会でも優勝候補筆頭でした。
試合は大阪桐蔭が徳山投手、履正社は竹田祐(たけだ ゆう)投手の先発で始まりました。大阪桐蔭は6回までに3本の本塁打で、3対0とリードしますが、8回裏追いつかれてしまいます。しかし9回の表には集中打を浴びせ一挙5点を奪い、勝負を決めました。
大阪桐蔭はこの試合4本塁打を放ち、長打力を披露しました。また、9回を任された根尾昂(ねお あきら)投手も、四球は出したものの自分の仕事は果たしました。投打がしっかりかみ合えば夏の大会でも期待できそうです。

まとめ

2017年選抜甲子園優勝校、大阪桐蔭のチームや甲子園での実績に加え、2017年大会の戦いをハイライトでご紹介しました。大阪桐蔭は戦前の予想では優勝候補2番手グループの評価でしたが、3年生と2年生のバランスがいいチームだけに伸びしろも大きく、甲子園で一回り大きくなった感があります。このまま順調に伸びれば、春夏連覇も夢ではありません。

おすすめの記事