「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球選抜2017、激戦を勝ち抜いたベスト8の一角、盛岡大付

2017 5/15 09:56hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

2回戦の対戦相手は2連覇を目指す近畿代表奈良県の智辯学園高等学校

2回戦の対戦相手は、近畿代表奈良県の智辯学園高等学校だった。智辯学園は2016年選抜大会優勝校で、2017年も優勝を狙う強豪だ。
試合は智辯学園が松本竜也投手、盛岡大付は三浦投手の先発で始まった。前半はどちらも得点圏に走者を進めるものの、あと一打が出ず、0対0が続く。しかし6回裏に盛岡大付が2本の二塁打で1点を先制すると、試合は盛岡大付ペースとなり、7回には3点、8回には1点を追加する。守っては智辯学園の反撃を9回の1点に抑え、ベスト8に進んだ。

準々決勝で優勝候補近畿代表大阪の履正社高等学校に敗退

準々決勝の対戦相手は近畿代表大阪の履正社高等学校だった。履正社は2016年秋季近畿大会と明治神宮大会を優勝し、優勝候補の本命だった。
試合は履正社が竹田祐投手、盛岡大付は三浦投手の先発で始まった。序盤から履正社ペースの展開だったが、三浦投手もよく踏ん張り4回までは点を与えない。しかし5回表は二死からエラーが出て一挙5点を奪われてしまった。6回に1点、9回に2点と追加点を許し、7回に1点を返すのが、精一杯で、1対8で敗退となり、ベスト4進出はかなわなかった。

投手力、攻撃力とも健在で夏が楽しみ

2017年選抜大会では、準々決勝で8対1と思わぬ大敗を喫した。3連投の三浦投手にも疲れがあったのかもしれない。
しかし一挙5点を奪われた5回表を見てみると、二死からのエラーが原因だった。投手陣が撃ち込まれたわけではなく、三浦投手、平松投手の2枚看板は夏に向かって健在だ。攻撃陣も、3試合合計で16点を挙げていて、攻撃陣のかなめ植田選手も本塁打を打った。不来方や花巻東など強豪がひしめく岩手大会を通過できれば、夏の甲子園でも今回以上に活躍できそうだ。

まとめ

2017年選抜甲子園大会で、ベスト8まで勝ち進んだ盛岡大付の甲子園での実績や、今大会のハイライトをご紹介するとともに、夏の甲子園の展望にも触れてみた。戦前の評価は決して高くはなかったが、勝負強く勝ち進んだ。投手力と攻撃力がかみ合えば、夏の甲子園でも期待できそうだ。

おすすめの記事