「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

山陰地方の名門!米子東野球部の歴史を紹介

2017 3/29 18:30TANANA
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

米子東野球部に関するさまざまな特徴を紹介

次に、米子東野球部に関するいくつかのエピソードを紹介していく。 まず最初は「どぜうすくい三・三・七拍子」だ。安来節をアレンジして作られた、米子東独特の応援歌であり、主に守備中の応援として使われ甲子園名物となった。
次に紹介するのは、鳥取西とのライバル関係だ。鳥取県予選における同校との対決は地元の人たちから「山陰の早慶戦」と呼ばれ、過去には小競り合いも起こるほど両校の応援に熱が入る一戦となるのだ。

米子東の甲子園における名勝負を紹介。あと一歩で逃した栄冠

米子東野球部が栄冠を手にする最大のチャンスとなったのが1960年、春の選抜だ。「米東野球」とも称された、攻守に緻密なプレーを随所で如何なく発揮し、2対1、4対2、2対0と、ロースコアの接戦をしぶとく勝ち進んでいった。
そして決勝の相手は高松商業となった。この試合も究極の投手戦となり、米子東は4回に2塁打で先制した1安打のみに抑えられる。高松商業も相手のパスボールによる1点に抑えられていたが、9回裏の攻撃で先頭打者がレフトのラッキーゾーンに放り込み、優勝決定サヨナラホームランとして勝負が決した。 手に汗握る展開は、最後に劇的な結末が用意されており、まさに惜敗中の惜敗で米子東は優勝を逃したのだ。

六大学野球のスターを輩出した米子東野球部

最後に、著名な米子東野球部OBを紹介しよう。1976年に入部した野口裕美氏は、1年時から投手としてエース級の実力を見せつけて活躍した。甲子園出場こそならなかったものの、主に中国大会で速球を武器にチームベスト4進出の原動力となる。
卒業後は立教大学に入学し、1980年、2年次の春季リーグで当時の最高となる96奪三振を記録した。打線の援護がなく通算勝利数は27勝どまりだったが、防御率2.14、317奪三振という実績を残し、1982年のドラフト1位で西武ライオンズに入団。プロでは結果を残せなかったものの、六大学野球のスターとして活躍したのだ。

まとめ

以上見てきたように、米子東は島根県、ひいては山陰地方の強豪校として名を馳せていた。 近年では甲子園予選において一回戦で敗退するケースも多く、かつての栄光が色あせてしまっているが、伝統的な「米東野球」が復活すれば、再び全国への道も見えてくることだろう。

おすすめの記事