「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「春の東邦」と言われた東邦高校野球部の歴史と戦績

2019 4/1 12:30hiiragi
甲子園,
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ⒸSPAIA

春の甲子園にはめっぽう強く“春の東邦”と呼ばれる愛知県の名門・東邦高校。2年連続出場となった2019年センバツでは準決勝進出を決めた。ここでは東邦高校野球部の歴史や甲子園での成績、卒業生などについて紹介する。

春の東邦と言われる訳は、出場回数と優勝回数

東邦高校は名古屋市にある私立高校。設立は1923年(大正12年)、野球部は1930年に作られた。甲子園初出場は春が1934年の第11回大会、夏が1939年の第25回大会だった。以降春が30回、夏が17回と合わせて47回を数える。

特に春の成績が素晴らしく、1934年の初出場初優勝をはじめ、1939年、1941年、1989年と4回優勝に輝いた。また、初出場から3回目の優勝までは、8年連続で出場し、優勝3回のほかにも準優勝1回、ベスト4が3回、ベスト8が1回と常に上位進出しており、初戦敗退は1度もない。

春夏連続出場も、春はベスト8、夏は初戦で敗退

1973年には春が15回目、夏は7回目と、春夏連続出場を果たす。この時の捕手が、後に読売ジャイアンツで活躍する山倉和博選手だった。

センバツ1回戦では佐賀県の唐津商に3-1、2回戦では山倉選手のホームランも出て兵庫県の報徳学園に4-3で勝利しベスト8入り。横浜との準々決勝では1回2点、2回1点と序盤に失点し、そのまま0-3で敗れた。夏の選手権大会では初戦で高知商業に3-5と敗れ姿を消した。

山倉選手はその後、早稲田大学からドラフト1位で読売ジャイアンツに入団し、正捕手として活躍した。

おすすめの記事