「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福井県で20年連続の決勝進出!福井商業高校野球部OBについて

2017 3/22 18:28ryo_o
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクルトの正捕手、中村悠平選手

甲子園の常連校というだけあって、プロ野球の道に進んだOBも少なくない。 現役選手でもっとも結果を残し、活躍しているのは、ヤクルトスワローズに所属する中村悠平選手だろう。 福商時代は強肩強打の捕手として1年生から扇の要を守り、1年生・2年生では連続で甲子園に出場した。
2008年のドラフト3位でヤクルトスワローズに入団し、現在では正捕手と呼べる選手に成長している。 特に肩の強さやリードなどの守備面には特筆すべきものがあり、プレミア12では、日本代表候補にも選出された。

「北陸のイチロー」と称された天谷宗一郎

「●●のイチロー」と呼ばれながら中々活躍できない選手は数多く存在するが、福商出身で「北陸のイチロー」と称された広島東洋カープの天谷宗一郎選手は、しっかりと結果を残している選手といえる。 2年生夏の県大会決勝では、現在では巨人で活躍する内海哲也投手擁する敦賀気比高校を破り、甲子園に出場した。
2001年のドラフトで広島東洋カープからドラフト9位指名を受けて入団。一定の成績は残しているが、レギュラー定着には至っていない。 特筆すべきは俊足とその俊足を生かした守備範囲の広さで、特にマツダスタジアムに本拠地が変更になってからは、チーム内で重宝されている存在といえる。

広島で愛された横山竜二投手

近年、福商出身の選手で実績を残し、かつファンから期待された選手は、元広島の横山竜二投手だろう。 横山投手の後、天谷選手までプロ入り選手が途絶えてしまったことも、ファンの期待が集まった理由の一つかもしれない。
1994年ドラフト5位で広島東洋カープに入団した横山投手は、主にリリーフ投手として活躍した。 1997年に中継ぎながら10勝を挙げてブレイクを果たすと、ルーズショルダーなどのけがに見舞われながらも、勝利の方程式の一角を担うなど、広島の主力投手に成長する。 2014年に6試合の登板に終わり現役を引退してからは、解説者として活躍している。

まとめ

福井商業高校、通称福商は、誰でも知っている、といえるような名プロ野球選手の輩出には現在のところ、残念ながら至っていない。 しかし、個性的な選手が排出されているのが特徴といえるだろう。 今後、更なる大物選手の登場が期待される。

おすすめの記事