「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東海大甲府高校野球部の歴史とプロで活躍する選手の紹介

2017 3/8 20:01おおたき
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

野球部の歴史後半

1992年74回大会では、3回戦で奈良県の天理に7-4で敗れ、約10年後の85回大会で久しぶりの甲子園出場を果たすが1回戦で広島県の広陵に3-0で敗れている。86回大会では、準決勝まで進み北海道の駒大苫小牧との大接戦の末惜しくも10?8で甲子園を去る。
その後はしばらく甲子園に手が届かず2012年94回大会では準決勝まで行き、青森県の光星学園に9?3で敗れたが、爪痕を残すことができた。96回大会では長野県佐久長聖に3-1で敗れ1回戦敗退、97回大会では3回戦で早稲田実業に8-4で敗れているが、コンスタントに甲子園出場を果たしている。

東海大甲府出身のプロ野球選手1

東海大甲府野球部出身でプロ野球に入った選手は数多くいる。古くは1988年ドラフト4位で読売ジャイアンツに入団した四條稔氏だ。久慈照嘉氏は1991年ドラフト2位で阪神タイガースに入団した。1988年にドラフト外で横浜大洋ホエールズに入団した山口幸勇氏は春夏連続で甲子園出場を果たしてる。
1990年ロッテオリオンズに6位指名され入団したのは榎康弘氏だ。萩原淳氏は1991年ドラフトで2位指名を受けオリックスブルウエーブに入団している。199年にはドラフト6位で箕田卓哉氏が日本ハムファイターズに入団している。

東海大甲府出身のプロ野球選手2

2005年には東海大甲府で初となるドラフト1位指名を受け、村中恭兵選手が東京ヤクルトスワローズに入団した。2008年読売ジャイアンツより6位指名を受け入団したのは仲澤広基選手だ。2011年にはオリックスバファローズ、東京ヤクルトスワローズ、中日ドラゴンズからドラフト1位指名を受け、高橋周平選手が中日ドラゴンズに入団した。高橋選手は甲子園出場経験がなく、3球団から指名を受けるのは史上初の快挙だ。
2013年には日本ハムファイターズがドラフト会議で3度の抽選失敗を経て、1位指名をしたのは渡邉諒選手だった。東海大甲府はプロ野球で活躍できる選手を育てている。

まとめ

甲子園に出場できなくてもプロになって活躍する選手もいるほど実力者が集まっている野球の名門校、東海大甲府高校。甲子園出場の常連であり、今後日本一になる日も近いかもしれない。これからも要注目の高校だ。

おすすめの記事