「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017春の選抜高校野球出場校レビュー~近畿~

2017 2/14 09:57cut
baseball,high school
このエントリーをはてなブックマークに追加

智弁学園高校(奈良県/2年連続11回目)

昨春の選抜甲子園を制した智弁学園高校(奈良県)が2年連続11回目の出場を果たしました。秋季奈良県大会では決勝の高田商業高校戦こそ5-4と接戦になりましたが、その他の4試合は危なげなく試合を制し近畿大会へと駒を進めます。近畿大会では大阪桐蔭高校(大阪府)と準々決勝で対戦。2回までに4点のビハインドと苦しみますが、最後まで諦めず4-6まで持ち込みます。敗れはしたものの一方的な展開ではなく次に繋がる敗戦となりました。

今大会の注目選手は昨年から中心選手として活躍している太田英毅選手、福元悠真選手です。太田選手は昨年夏の甲子園選手権大会でも本塁打を放っており夏春連続でのアーチに期待がかかります。福元選手は主将としてチームを引っ張り、秋の公式戦では旧チームの4番から1番へ打順を変更し7試合で打率.500、2本塁打とリードオフマンとしての役割を果たしました。甲子園でも福元選手が塁に出て太田選手が還すシーンに期待です。

報徳学園高校(兵庫県/3年ぶり21回目)

2度の選抜制覇を誇る報徳学園高校(兵庫県)が3年ぶり21回目の出場を果たしました。秋の兵庫県大会では圧倒的な強さはないものの試合巧者ぶりを発揮し決勝進出。決勝では先制点を挙げますが神戸国際大付属高校に逆転され1-2と敗退。兵庫2位で近畿大会に臨みます。

近畿大会では東山高校(京都府)との乱打戦を9-7で制し勢いに乗りました。しかし、2戦目の滋賀学園高校(滋賀県)戦では一発に泣き0-1で敗戦。ベスト8に終わってしまいます。指揮を執る永田裕治監督が選抜終了後に勇退を表明しており最後の戦いに華を添えたいところです。 注目となるのは今年2年生となり、中学時代にU-15日本代表にも選ばれ世界大会で優勝の経験もある小園海斗選手です。小園選手は旧チームから1番打者でスタメン出場をしており、今大会でも切り込み隊長としての役割が期待されます。

おすすめの記事