「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017春の選抜高校野球出場校レビュー~近畿~

2017 2/14 09:57cut
baseball,high school
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪桐蔭高校(大阪府/3年連続9回目)

名門・大阪桐蔭高校(大阪府)は3年連続9回目の選抜甲子園出場を果たしました。今大会の連続出場校では大阪桐蔭の3年連続が最長記録となっています。秋季大阪府大会では準決勝で履正社高校に敗れ3位決定戦に回りますが、3位決定戦では初芝立命館高校に12-5と圧勝。大阪3位で近畿大会へと出場を果たしました。

近畿大会では2014年春の選抜優勝校である龍谷大平安高校(京都府)を7-0で下し、2戦目では2016年の覇者である智弁学園高校(奈良県)を6-4で撃破。準決勝に駒を進めます。準決勝の神戸国際大付属高校(兵庫県)戦では9回までリードしていたものの3点を奪われ逆転負け。春の選抜で雪辱を果たしたいところです。

注目選手は根尾昂選手です。スーパー1年生として入学当時から噂になっていた根尾選手。投手、右翼手として試合に出場する『二刀流』です。打順の固定がされてこなかった秋の公式戦ですが、根尾選手は4番打者として出場濃厚です。スーパー一年生が1年経ってどのように成長したのか注目です。

滋賀学園高校(滋賀県/2年連続2回目)

滋賀学園高校(滋賀県)が2年連続2回目の選抜甲子園出場を果たしました。昨年のチームからメンバーは変わりましたが、バッテリーは不変です。エースの神村月光選手、守備の要となる後藤克基選手が旧チームから残っており核ができています。

チームを率いる山口達也監督は『7点打線』を目標に掲げており、相手チームにかかわらず7点取る野球を行います。秋季滋賀県大会では5試合で39得点を挙げ平均得点は7.8点となり公約を果たしました。近畿大会では智弁和歌山高校(和歌山県)との試合で13-6と圧倒したものの準々決勝では1-0、準決勝では3-6と7点を奪うことができませんでした。甲子園でも『7点打線』が火を噴くのか期待が高まります。

注目選手は捕手の後藤克基選手です。昨年から3番捕手としてチームを引っ張り、最高学年になっても変わらずチームを支えています。秋の公式戦ではチームトップの打率.452をマーク。172センチと小柄ながらパンチ力もありドラフト候補生としても期待されています。

おすすめの記事