「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017春の選抜高校野球出場校レビュー~中国・四国~

2017 2/14 09:57cut
baseball,high school
このエントリーをはてなブックマークに追加

創志学園高校(岡山県/2年連続3回目)

創志学園高校(岡山県)が2年連続3回目となる甲子園出場を果たしました。チームを率いる長澤宏行監督はアトランタオリンピックでソフトボール日本代表のコーチを務めるなど世界を知っており、神村学園高校(鹿児島県)では春の選抜で準優勝を成し遂げている名将です。

秋季岡山県大会3位で中国大会に出場。益田東高校(島根県)、関西高校(岡山県)を下し準決勝で宇部鴻城高校(山口県)と対戦します。初回に1点を先制するも5回に3点を奪われ逆転を許しそのまま試合は終盤へ。9回裏に1点を返しますがあと一歩及ばず2-3で敗退してしまいます。しかし、中国王者となる宇部鴻城相手に1点差の惜敗と総合力は高く春の選抜では期待が持てそうです。

創志学園の注目選手は難波侑平選手です。昨年、巨人にドラフト5位で指名された高田萌生選手からエースを受け継いだのが難波選手なのです。
エースで4番を任されており、投手としては秋の公式戦では11試合中7試合で関東。防御率1.26と安定。野手としては打率.341、1本塁打、9打点の成績を残し投打に渡りチームを引っ張っています。秋の時点で最速143キロのストレートにスライダー、カーブなどを操る難波選手。冬の筋力増加で球速アップが期待されます。

明徳義塾高校(高知県/2年連続17回目)

四国王者の明徳義塾高校(高知県)が2年連続17回目の選抜出場を決めました。秋季高知県大会では決勝で中村高校(高知県)に0-2で完封負け。明徳義塾が無得点だったのは新チーム結成後、練習試合含め初めてのことでした。しかし、高知県2位で臨んだ四国大会では強力打線が爆発。4試合で3度の二桁得点を挙げるなど合計36得点をマークしました。帝京五校(愛媛県)との決勝戦でも初回に6得点を奪うと終始圧倒。11-2で大勝します。

この勢いを持って乗り込んだ明治神宮大会では初戦で作新学院高校(栃木県)と対戦。旧チームが昨夏の甲子園で対戦し敗れていることもありチームはリベンジマッチに燃えました。4回裏に5点先制すると追加点もしっかり奪い7-2で快勝。夏の王者を倒し2回戦進出を決めたのです。2回戦では九州王者の福岡大大濠高校(福岡県)と対戦。今秋のドラフト会議でも注目を浴びている好投手三浦銀二選手の前に打線が沈降。0-2で完封負けとなってしまいます。

甲子園の常連となった明徳義塾の注目選手は西浦颯大選手です。2年生時からメンバー入りを果たし昨夏の甲子園では打率.429、1本塁打の活躍。新チームでは4番を任されておりその打撃力でチームを勝利に導きます。

おすすめの記事