「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【祝2連覇】2017年ユニバーシアード競技大会野球競技まとめ

2017 10/13 10:05Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

最高の舞台でリベンジ達成!アメリカを下して完全優勝!

決勝戦の相手は予選ラウンドで逆転勝利を収めたアメリカとなり、この日の先発は森下選手だ。予選ではスリーランを被弾し、ノックアウトされたが、最高の舞台でリベンジの時がやってきた。

まずは打線が森下選手を援護する。初回から先頭の島田選手が四球で出塁すると、さらに盗塁と相手のミスなどで満塁のチャンスだ。ここで6番・辰巳選手がタイムリーが飛び出し、幸先よく1点を先制した。
さらに2回には小畑尋規選手のタイムリーを口火に島田選手、中川選手、大平選手、辰巳選手が続き、一挙6得点。2回終了時で7-0と、打撃でアメリカを圧倒した。

打線に負けじと、森下選手も快調なピッチングを見せる。7回まで毎回奪三振を奪う圧倒的なピッチングを見せ、7回無失点11奪三振とリベンジに成功。後を受けた齋藤大将、阪本大樹もアメリカ打線をしっかりと抑え、10-1で勝利した。予選から7戦全勝で、完全優勝を達成したのだ。

投手陣は全体的に好調!野手では中川選手の活躍が見事

ユニバーシアード大会完全優勝をはたした大学日本代表だが、やはり投手陣の奮闘が大きかった。特に印象的だったのは、準決勝・決勝で先発した東克樹選手と森下暢仁選手だろう。2人とも、ピッチングでチームに流れを引き寄せることができる選手であった。
東選手は2試合16イニング22奪三振、森下選手は3試合12イニング19奪三振という数字も素晴らしい。中継ぎも齋藤大将選手をはじめとして、全員が役割を果たしてくれていた。

野手で印象的だったのは、中川圭太選手だ。まだ3年生ながら3番に座り、この大会では打率.500(22-11)をマーク。さらに満塁ホームランを放つなど、13打点を記録した。PL学園時代は主将をつとめ、野球に集中できない時期もあっただろう。だがこの大会では、思いっきり野球を楽しんでいるところを見せてくれた。
ドラフトにかかるのは来年であるが、いまから楽しみな選手である。

おすすめの記事