「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【祝2連覇】2017年ユニバーシアード競技大会野球競技まとめ

2017 10/13 10:05Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

投打にわたって完璧だったチェコ戦

スーパーラウンド2戦目の相手はチェコだ。予選では韓国に勝利しており、油断できない相手だが、この試合は前の韓国戦とは対称的に序盤から打線がつながっていく。
初回に犠牲フライで1点を先制されたものの、直後に6番・小林遼選手(富士大)、7番・岩見雅紀選手(慶応大)が連続タイムリーで早くも逆転。2人ともこの大会でここまでノーヒットだったが、ここに来て当たりが出始める。さらに4回にも3本のタイムリーが飛び出し3得点、中盤までに6点をとり、投手陣を援護する。

投げては先発の伊藤将司選手が5回1失点、2番手の栗林良吏選手(名城大)が3回1安打4奪三振と、3年生コンビが好投。9回にも打線が2点を追加すると、最後は齋藤大将選手が締め、8-1で勝利した。そしてこの勝利でスーパーラウンドも全勝通過が決定し、準決勝へと進出する。

再び韓国との1戦!プレッシャーに強いあの男が好投!

準決勝からはトーナメントとなり、1つも落とせない戦いが続き、その相手は再び韓国となった。この緊張感のある試合で先発の東克樹選手が、序盤から全く相手を寄せ付けず、8回11奪三振無失点と完璧な内容を見せつける。さすが、リーグ戦で2度のノーヒットノーランを決めた男だ。
打線も2回に7番・小畑尋規選手がレフトスタンドへ飛び込む先制ソロを放つと、5回には中川圭太選手のタイムリー、6回にも熊谷敬宥選手にタイムリーが飛び出して4得点と、しっかりと東選手の好投に答えてくれた。そして9回最後は齋藤大将選手が締め、4-0で勝利し、決勝へと進出した。

おすすめの記事