「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【祝2連覇】2017年ユニバーシアード競技大会野球競技まとめ

2017 10/13 10:05Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

満塁ホームランで大逆転勝利のアメリカ戦

予選ラウンド3試合目の相手はアメリカだ。U-18の大会で非常に手ごわい相手として印象に残っている方も多いかと思うが、この試合では日本が圧倒している。
主役は3番の中川選手だ。先発の2年生投手・森下暢仁選手(明治大)が2回にスリーランを被弾し、苦しい展開でのスタートとなったが、1-3で迎えた5回の裏、中川選手が満塁ホームランをレフトへたたき込み、これで5-3と逆転。豪快な逆転劇に、チームはさらに勢いづいていく。

森下選手は残念ながら3回で降板となったが、後を受けた齋藤大将選手(明治大)、松本航選手が4回~7回までを無失点に抑え、相手の攻撃をシャットダウン。こうなるともう試合のペースは完全に日本だ。
6回にまたも中川選手などのタイムリーで追加点を奪うと、その後も打線の猛攻が止まらず、11-5で快勝した。この試合で中川選手は7打点を記録している。そしてこの試合に勝利したことで、予選ラウンド全勝通過が決定。スーパーラウンドへと向かう。

宿敵、韓国との1戦は1点を争う好ゲームに

スーパーラウンド、初戦の相手は韓国となった。アジア地区最大のライバルであり、この大会でも警戒すべき相手である。

この試合は、1点を争う好ゲームとなった。初回に先発の青島選手が連打で1点を失うものの、2回にはこの大会初先発の3年生、9番・渡辺佳明選手(明治大)のタイムリーで同点に追いつく。その後は膠着状態が続き、試合は中盤へと向かった。

この試合の流れを変えたのは、森下選手である。2日前のアメリカ戦では3回で降板した森下選手であるが、この試合では6回から登板し、三者三振の完璧な内容。中1日というわずかな期間ながら、キッチリと修正してきた。
すると直後に5番・大平達樹選手(桜美林)にホームランが飛び出し、2-1とこの試合初めてリードを奪う。さらに7回も森下選手が三者三振を奪い、これで前のイニングから合わせて6者連続三振。反撃に転じたい韓国打線をあざ笑うかのように完璧に抑え込み、そのまま2-1で勝利した。

おすすめの記事