「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【大学生投手編】プロ野球2017年ドラフト候補選手

2017 6/30 12:56Mimu
ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学4年間でさらに完成された投手へ!中央大学 鍬原拓也

6人目は中央大学の鍬原拓也選手を紹介しよう。最速152km/hの本格派右腕で、2017年春季リーグでは2度の完封勝利をあげるなど、非常に高い能力を持った選手だ。奈良県出身で、高校は福井の北陵高校を卒業。当時から最速145km/hの注目された投手であったが、プロ志望届を出さずに中央大学へと進学した。

大学では1年生の春からいきなり3試合に登板。うち1試合は先発登板と、非常に期待されていたことがうかがえる。2年生の秋には7試合に登板。この頃から、球速が150km/hを越えるようになった。さらに3年生の秋には7試合すべてに先発登板。うち3試合で完投し、3勝4敗防御率3.77という成績を残している。

そしてこの春は、日本大学戦で10奪三振完封勝利、さらに東洋大学戦で14奪三振完封勝利。2度の完封を含む4勝をあげた。三振数も43回1/3で51個、防御率も2.70にまとめている。もともとスカウトの評価も高かったが、ここに来てさらに完成度が高まりつつある投手だ。

角度のあるストレートが武器!明治大学 斉藤大将

続いては明治大学の斉藤大将選手を紹介しよう。サイドスロー気味のフォームから繰り出される140km/h前後のキレのある直球に、スライダー・スクリュー・チェンジアップといった多彩な変化球が武器のサウスポー投手だ。特に左のサイド特有の、右打者の内角に食い込んでくるストレートは一級品。この角度を上手く使ったピッチングは、大学生の中でもトップクラスだろう。

大学では1年の春からリリーフとして経験を積む。秋リーグでは8試合に登板して17イニングで25奪三振。さらに失点もわずか1に抑え、防御率0.52という驚異的な成績を残した。その後もほとんどの試合をリリーフとして登板しており、3年秋までに通算で35試合に登板。60回2/3で66奪三振という高い奪三振率を誇り、大学日本代表にも選出された。

4年生の春になると、本格的に先発に転向。東京大学戦では宮台選手と投げ合い、白星を挙げている。続く早稲田大学戦では、初回でKOされた先発投手の後を継いで8回1/3のロングリリーフ。相手を1失点に抑える好投を見せると、味方打線が逆転を果たし、そのまま勝ち投手に。文字通り勝利を呼び込むピッチングを披露した。

4年生になってから先発の機会が増えてきたが、中継ぎとしても経験は豊富だ。もしプロ入りすれば、1年目から活躍する機会が与えられるのではないだろうか。力もあり、連投もOKなタフネス左腕。是非ともプロ入りに期待したいところだ。

おすすめの記事