「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【大学生投手編】プロ野球2017年ドラフト候補選手

2017 6/30 12:56Mimu
ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

弱点を克服してドラフト指名なるか!亜細亜大学 高橋遥人

続いても注目左腕投手を紹介しよう。亜細亜大学の高橋遙人選手だ。柔軟な肩関節を生かした出所の見づらいフォームから繰り出される、最速151km/hのストレートが何よりの武器だ。変化球も、スライダーにキレがある。千葉の常葉橘高校では、2年生の夏に甲子園へ出場。当時から最速142km/hを誇っており、プロのスカウトからの評価も高かったという。

大学では1年生の秋にリリーフとしてデビューし、2年の春には先発としても数試合に起用。3年生の秋には6試合に先発、リリーフとしても2試合に登板して、56回2/3 50奪三振 防御率2.38という成績を残した。残念ながら1勝4敗と勝ち星には恵まれなかったが、貢献度は大きかっただろう。

しかし、この春はやや不安定さが目立った。リーグ開幕前に行われたプロアマ交流戦では、中日ドラゴンズの2軍相手に6回無失点8奪三振の好投。専修大学戦でも7回1失点の好投を見せるも、続く東洋大学戦で6回12失点と大炎上してしまった。味方のエラーも絡んだものの自責点は8、四死球も8個出してしまい、監督からも厳しい言葉をかけられたようだ。能力が高いのは間違いないので、ムラのある投球をどこまで修正できるかが課題となるだろう。

抜群の安定感でチームに貢献!亜細亜大学 嘉陽宗一郎

続いても亜細亜大学から、嘉陽宗一郎選手を紹介しよう。右のオーバースローで、右腕がやや遅れてくるようなフォームが特徴的な選手だ。ストレートにスライダー、ツーシームなどを織り交ぜて試合を作っていく。最速は147km/hと、この数字だけを見ればやや見劣りしてしまうような印象を受けてしまうが、この投手の1番の売りは安定感だ。

大学では1年生の春からリリーフとして登板し、秋には先発として起用。中央大学戦ではいきなり完封勝利を挙げるなど、期待に応える活躍だった。さらに3年の秋には見事な成績を残す。とにかく制球が素晴らしく、5試合29イニングで四死球わずかに3つ。防御率も1.86と安定し、3勝0敗でチームに貢献した。この安定感には監督も大きな信頼を寄せている。

この春も8試合に登板して35回1/3で28奪三振 防御率2.80という成績。さすがに四球は増えてしまったが、やはり安定した成績を残した。秋リーグこそ高橋選手とそろって活躍し、ドラフトでの吉報を待ちたい。

おすすめの記事