「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【大学生投手編】プロ野球2017年ドラフト候補選手

2017 6/30 12:56Mimu
ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学一の速球派ながらまだ伸びしろあり!九州産業大学 草場亮太

続いては九州産業大学の草場亮太選手を紹介しよう。最速152km/hが武器の右の本格派投手だ。伊万里商業時代は2年生まで内野手だったため、本格的にピッチャーを始めてからまだ6年弱しか立っていないが、当時から最速146km/hの速球を投げており、スカウトの注目を集めていた。そして大学でさらにそのストレートを磨き、世代No.1の速球派投手にまで成長したのだ。

リーグ戦通算成績は8勝3敗 防御率2.55。そのうち、この春だけでも5勝をあげている。内容も見事で、日本経済大学戦では9回1失点11奪三振の完投勝利。ストレートも最速151km/hも記録した。福岡教育大戦では完封勝利もあげている。全国大会の大舞台にも強く、3年生の春に出場した全日本選手権では、7回途中までを無失点に抑え、勝ち投手になっている。

リーグ戦に出場するようになったのは3年生の春からで、2年生の秋までの登板数はたった1試合しかない。経験値という意味では、他の投手にやや見劣りしてしまうかもしれない。制球力にも課題がある。だが、反対にいえば、それだけ伸びしろがあるということだ。プロに入って、完成した彼の投球を見て見たいものだ。

小柄ながらスケールの大きい本格派左腕!立命館大学 東克樹

3人目は立命館大学の東克樹選手を紹介しよう。三重県出身で高校は愛知の名門・愛工大名電を卒業。高校時代は2年生時に春・夏と甲子園を経験した。立命館に進学後は、1年生の秋からリーグ戦に出場している。3年生の春から先発としての起用も増えていった。

東選手といえばこの春、関西学生野球連盟リーグ史上初の、2度目のノーヒットノーランという快挙を成し遂げた。1度目は3年生の春の京都大学戦で、この日はストレートが最速147km/hを計測。スライダーやチェンジアップも冴え渡り、ヒットを1本も許さずに9回を投げきった(ランナーは四球で出した2人のみ)。2度目はこの春、関西大学戦で達成。前年よりもさらにパワーアップしたストレートが最速152km/hを記録し、完璧な投球を披露してノーヒットノーランを達成したのだ。

170cmと小柄ながら、この威力のあるストレートは大きな魅力だろう。2度のノーヒットノーランを達成したことからもわかるように、ハートも強い。コントロールも良く、この春まで通算139回1/3を投げながらも四死球はわずかに30個。体は小さくとも、スケールの大きな投手なのだ。

おすすめの記事