「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

田中将大選手、前田健太選手が目玉!2006年のドラフトを振り返る

2017 6/28 09:44cut
baseball、ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生・社会人ドラフトでは岸孝之投手ら

大学生・社会人ドラフトでは希望枠では岸孝之選手、大隣憲司選手、永井怜選手らが入団。その他にはオリックス3巡目で大引啓次選手、楽天3巡目で嶋基宏選手、中日3巡目で浅尾拓也選手など各球団の主力となる選手が多く指名されている。
また、日本ハムが4巡目で巨人に入団を熱望していた日本大学所属の長野久義選手を指名した。長野選手は日本ハムの指名に対しお断りを入れ社会人野球のHondaに進む。この指名で日本ハムと長野選手が険悪になることはなかった。長野選手は交流戦で日本ハムとの対戦の際に挨拶へ行くなど交流は行っており器の大きさを感じさせてくれている。

梶谷選手、角中選手ら下位指名からも続々と

下位指名選手からも多くの主力選手が生まれている。高校生ドラフトに目を向けると横浜が3巡目で梶谷隆幸選手を獲得。デビューしてからもケガに悩まされることも多かった梶谷選手だが2014年シーズンからは完全にレギュラーへ定着し2017年シーズンも強打の2番打者としてチームを引っ張る。
広島の3巡目指名となった會澤翼(あいざわつばさ)選手も石原慶幸(いしはらよしゆき)選手と併用されながら順調に育っており、2015年開幕前の日本代表対欧州代表の親善試合では侍ジャパンにも選出されている。
大学生・社会人ドラフトではソフトバンクが4巡目で森福允彦(もりふくまさひこ)選手、5巡目で長谷川勇也選手を指名した。森福選手は2016年シーズンオフにFA宣言を用いて巨人へと移籍したが左の中継ぎ投手として2014年、2015年の日本一連覇に貢献している。長谷川選手は2009年からレギュラーとして活躍し2013年には打率.341で首位打者、198安打で最多安打を獲得している。近年は故障がちだが再度の奮起に期待がかかる。
ロッテは7巡目で角中勝也選手を指名。四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスからロッテへ入団。2012年にレギュラーを獲得すると打率.312で首位打者を獲得。その後、レギュラーに定着し2016年シーズンにも自身二度目となる首位打者を獲得している。
日本ハム7巡目では今浪隆博(いまなみたかひろ)選手が指名されユーティリティープレーヤーとして活躍。2014年シーズン途中にヤクルトへ移籍後も日本ハム時代と同じような活躍を見せ2015年のリーグ優勝にも貢献した。2016年シーズン中に甲状腺機能障害を発症しシーズン終盤は欠場。今後も病気と付き合いながらにはなるが再起に期待がかかる。

おすすめの記事