「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球で背番号6番を背負う意味とは?

2016 7/31 18:20
背番号、野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

万能型の系譜

メジャーリーグで優れたプレイヤーであることを示す指標として、ファイブツールという項目が挙げられる。ヒットを打つ確率、パワー、走塁技術とスピード、守備力、送球能力の5つの項目だ。すべてに突出するのは困難だが、バランス良く兼ね備えているのがよい選手とされる。イチロー選手などはまさにこのファイブツールプレイヤーと言えるだろう。
日本球界に目を向けてみると、日本プロ野球史上7人目のトリプル・スリーを成し遂げた金本知憲選手が挙げられる。阪神に移籍してからの背番号が6番だった。他に背番号6の万能型の選手には、オリックス・ブルーウェーブに所属していた田口壮選手や、千葉ロッテマリーンズの井口資仁選手がいる。2人ともメジャーリーグで活躍した選手でもある。

強打者の系譜

野球の華はなんと言ってもホームランだ。息詰まる投手戦も玄人には楽しいものだが、球場に観に行った時はやはりホームランが出ると盛り上がる。
背番号6の強打者というと、日本ハム・ファイターズの、柏原純一選手は外せないだろう。ops(長打率+出塁率)も内野手としては高いものがあった。 同じ背番号6を今、日本ハム・ファイターズでつけているのが中田翔選手だ。豪快な打撃と風貌に似合わぬ人柄の良さで、北海道のファンの心を鷲掴みにしている。 他には、松坂大輔投手と横浜高校で一緒だった後藤武敏選手も、ここぞのところで放つ一発が非常に魅力的な選手だ。今でも大事なところで活躍する名脇役だ。

おすすめの記事