「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

13回目の東京マラソン 大迫の日本記録更新なるか

2019 3/2 07:00鰐淵恭市
大迫傑,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

第13回東京マラソン、3・3号砲

第13回となる東京マラソンが3月3日に行われる。東京マラソンは世界のトップランナーが集う「ワールドマラソンメジャーズ」の一つ。東京五輪を翌年に控えた2019年大会の見どころをピックアップしてみた。

日本記録保持者参戦

ワールドマラソンメジャーズの一つとはいえ、やはり気になるのは日本選手の走り。その中でも、昨年のシカゴ・マラソンで日本人初の2時間5分台をマークした大迫傑(ナイキオレゴンプロジェクト)の走りに注目が集まる。

ここ10数年低迷していた日本男子マラソンを再び活性化させたのは大迫だ。長野・佐久長聖高、早大と長距離の名門校で活躍。大学卒業後は実業団の日清食品に所属したが、世界で戦える選手になるために退職して、プロ選手となった。現在は米国にあるナイキオレゴンプロジェクトでトレーニングを積んでいる。

トラックでも活躍した大迫だが、マラソン転向後の成績は目を見張るものがある。初マラソンの2017年ボストン・マラソンでいきなり3位に入った。ボストンの表彰台に日本人が立つのは、その30年前に優勝した瀬古利彦氏以来の快挙だった。2度目のマラソンとなった2017年福岡国際マラソンでは当時の日本歴代5位となる2時間7分19秒で3位に。そして、昨年10月のシカゴ・マラソンで2時間5分50秒の日本新記録をマークした。

大迫成績表,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA


東京マラソンの説明によると、現時点でのペースメーカーは2段階に分けて設定される予定。速い方は1キロを2分57~58秒のペースで刻み、2時間4分30秒~2時間5分10秒のゴールをイメージしているという。おそらく大迫はこのペースについていくはず。力のある外国人選手はこのペースで走りきることが可能だから、大迫が海外勢にうまく食らいつけば、自身の持つ日本記録の更新も見えてくる。

おすすめの記事