「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

どんな展開にも対応できる青学の強さ 地力の差を見せつけた第50回全日本大学駅伝②

2018 11/16 07:00鰐淵恭市
駅伝ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

つなぎ区間にも実力者をおける青学

今年から区間距離が変わり、7区が17・6キロとなった。これにより、唯一変更がなかった19・7キロの8区とあわせて長距離区間が二つとなったため、終盤の重要性が増した。

駅伝の流れをつくるために大切な区間である序盤。となると、終盤の長距離区間に向けたつなぎの区間となるのが5区(12・4キロ)と6区(12・8キロ)だ。この区間にこそ、青山学院大の強さが凝縮されていた。

5区は吉田祐也(3年)、6区は吉田圭太(2年)である。吉田祐は1万メートル、吉田圭は5000メートルで、ともに今年の日本インカレで日本選手トップに入っている。つなぎの区間にこれほどの実力者がいるのが、今の青山学院大だ。

5区の吉田祐は東海大のエース鬼塚翔太(3年)との差を3秒、6区の吉田圭は東海大との差を13秒縮め、7区の森田にたすきを渡すときには東海大との差を11秒とし、射程圏内にとらえていた。森田の逆転劇はこのようにしてお膳立てされ、力通りの走りをした2人の吉田は区間賞を手にした。

おすすめの記事