「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

第50回全日本大学駅伝⑤  「打倒関東」を目指す地方の大学

2018 11/3 07:00鰐淵恭市
ランナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出雲で入賞、関西ナンバー1の立命大

全日本大学駅伝で関西勢が優勝したのは、1986年第17回大会の京産大のみ。1桁順位は99年第31回大会で京産大が5位になったのが最後だ。

しかし、今年は少し期待が持てるかもしれない。10月の出雲駅伝で立命大が9年ぶりの入賞となる7位に入ったからだ。10位の早大、12位の法政大といった箱根駅伝常連校を抑えての入賞だった。

6月に行われた全日本に向けての関西地区選考会でも、立命大がトップで18大会連続30回目の本大会出場を決めた。2位の京産大に3分以上の差をつける圧勝だった。主軸になるのは、出雲で主要区間を任された辻村公佑(4年)、今井崇人(3年)、吉岡遼人(2年)の3人だろう。

5000メートルでチームトップの14分12秒20という記録を持つ辻村は、出雲で1区に起用され、区間12位と無難にまとめた。日本インカレの1万メートルで4位に入った今井は3区を走り、区間5位の好走。関西インカレ1万メートル2位の吉岡はアンカーを任され、順位を3つあげて7位でゴールした。

昨年は16位。その時のメンバーの半分が今年も残る。区間距離の変更で、例年に比べて序盤で大きく引き離される可能性が低い。なんとか食らいつき、関東の牙城を崩して、過去最高10位を上回りたい。

おすすめの記事