「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】2年ぶりの出場で古豪復活の兆しが見える中央大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

箱根駅伝2017の予選会は総合タイム44秒差の11位

翌年の箱根駅伝2014には予選会12位の成績で出場した。平時だと出場できない順位だが、2014年大会が区切りの90回大会だったことから予選からの出場枠が13校に増えたのだ。
この年は15位に終わり、2015年大会には予選会7位の成績で出場した。シード権奪回のチャンスかと思われたが、最終10区で逆転を許しシード権確保はならなかった。2016年大会には予選8位の成績で出場した。シード権を落としてからは予選会の順位もパッとしない。1区を4位でスタートするもあとが続かず15位で大会を終えている。

迎えた2017年大会の予選会では、10位の日本大学に総合タイムで44秒届かず11位で出場権を逃がしてしまった。

一人一人が変わった2017年シーズン

それから1年、2017年10月14日に行われた箱根駅伝2018の予選会では、100位以内に8人が入る走りを見せ総合順位3位で予選会を突破し、本戦の出場権を手に入れた。
総合タイムは10時間06分03秒という結果で、昨年の10時間17分01秒よりも10分以上早いタイムにこの1年間の変化が感じられた。メンバーの一人一人が選手として自覚し、練習の意味を考えて走るようになったのだ。
6月に行われた全日本大学駅伝の予選会は12位に終わり本戦には進めなかったが、箱根駅伝2018では強豪復活を目指して挑戦する。

おすすめの記事