「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】再び優勝争いに加われるか昨年9位駒澤大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

スムーズに行われた世代交代

箱根駅伝2017には、大八木監督の優勝争いをしながら若い力を育て、来年につなげたいという方針からだろう、4年生4人、3年生1人、2年生5人の陣容で臨んでいる。

1区で6位の快走を見せた西山選手や、5区の登りで区間賞を取った大塚選手は卒業したが、3年生以下6名の経験者が残るのはチームにとっても強みとなる。

年度も変わり5月に行われた 関東学生陸上競技対校選手権大会のハーフマラソン2部では、3年生の片西選手が8位、4年生の高本真樹選手が11位に入り、10000mでは4年生の工藤選手が10位に入った。

大学で才能が開花2区を走る4年生工藤有生選手

箱根駅伝2017で2区を走り、6位から3位に順位を上げた工藤選手は、高校駅伝の名門、広島県立世羅高等学校の出身だ。工藤選手が在学中も全国高校駅伝で活躍したが、本人は補欠として登録はされたものの1度も走れなかった。

しかし駒澤大学で才能が開花する。夏合宿を経て頭角を現し始め、11月の全日本大学駅伝で5区に起用されると区間2位の快走を見せ4連覇に貢献した。

年明けの箱根駅伝では4区に起用され区間2位の快走を見せる。2年生からは2区に転向し、区間4位で走り、3年生では区間6位の成績だった。

おすすめの記事