「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】ベスト3への返り咲きなるか優勝11回順天堂大学

2017 11/10 12:24hiiragi
ランナー 日本人 男
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学三大駅伝全ての出場権を手に入れ箱根駅伝2018では3位を目指す

箱根駅伝2017の4位で箱根駅伝2018のシード権を獲得するとともに、2017年出雲駅伝の推薦権も手に入れた。
まだ出場権のない全日本大学駅伝の推薦校選考会は、6月18日に行われた。選考は1校8名の10000mタイムトライアルで行われ、9位までが推薦対象校になる。結果は8位でぎりぎりだったが、これで2017年シーズンの大学三大駅伝には全て出場できる。
9月に行われたインターカレッジの10000mでは3年生の塩尻和也選手が4位、4年生の栃木渡選手が13位、2年生の橋本龍一選手が17位と好位置をキープした。
出雲駅伝、全日本大学駅伝で弾みをつければ箱根駅伝2018では3位以内も狙えるのではないか。

4年連続箱根駅伝出場でチームを引っ張るキャプテン栃木渡選手

キャプテンに任命された栃木渡選手は、栃木県の高校駅伝強豪校佐野日本大学高等学校から入学した。高校時代には2度全国高校駅伝への出場経験もある。
箱根駅伝には、1年生で抜擢され8区を走って区間15位だった。2年生では4区を任され、区間3位の走りで10位から6位に順位を上げてシード権獲得に貢献した。3年生でも4区を任され区間賞の快走でやはり10位から6位に順位を上げている。
4年連続となる箱根駅伝2018にも出場して安定感のある走りでチームを引っ張りたい。

おすすめの記事