「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

注目の日本選手権男子100メートル 9秒台に挑む4人<3>

2017 6/21 12:35きょういち
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

中盤からの加速には課題も

 もちろん、山縣にも課題はあって、NHKのインタビューにはこう答えている。

 「中盤で加速していくところ、しっかりスピードに乗れれば」

 9秒台をマークするのに必要な最高速度は、桐生ほどには速くはない。うまく中盤でうまく加速できないと、昨年の日本選手権のように後半型の選手、つまりはケンブリッジ飛鳥(ナイキ)に終盤で抜かれてしまうかもしれない。その二の舞いは避けたいだろう。

ケンブリッジの巻き返しは

 昨年、日本選手権を初めて制し、一気にブレイクしたケンブリッジはなかなか公認記録で9秒台に近づけない。

 今年は追い風5・1メートルの参考記録で9秒98をマークしたが、公認記録は10秒10が最高で、いまだに10秒0台にも突入していない。今大会注目の4選手の中では、自己ベストで最も劣っている。ケンブリッジの巻き返しはあるのだろうか。

(続く)

おすすめの記事