「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017箱根駅伝のレース展開や活躍選手などについてのまとめ

2017 3/29 09:30masumi
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

順調だった青山学院にアクシデントが

一夜明けて1月3日、スタート地点に並んだ選手の中から青山学院の小野田勇次選手が飛び出して、復路のレースが始まりました。33秒後には早稲田の石田康幸選手が後を追いかけます。 青山学院は2分8秒まで差を広げ、7区の田村和希選手へとタスキを繋ぎます。
田村選手は15キロ付近で脱水症状によって失速しますが、ふらつきながらも執念で走り続け、首位をキープしたままタスキを繋ぎました。2位の早稲田は井戸浩貴選手が自身最後の箱根駅伝に力を尽くし、首位との差を1分21秒まで縮めています。

青山学院の強さが際立つ展開に

青山学院の8区を走るのは、フルマラソンで10代の日本最速記録を保持する下田裕太選手です。下田選手は自分の走りに集中し、2位の早稲田との差を5分32秒まで広げました。
9区でも青山学院は池田生成選手が危なげない走りで首位をキープし続けます。 3番手だった東洋大の野村峻哉選手は、1分以上の差があった早稲田を捕えて2位へ順位を上げます。
最終10区、青山学院は安藤悠哉選手が安定した走りで独走し、2位と6分以上の差をつけてゴールに飛び込みました。 両手を広げてテープを切った瞬間、青山学院の3連覇が達成されたのです。

活躍が際立った選手と注目ポイントなど

今大会では6区で区間新記録が誕生しました。日本体育大学の秋山清仁選手が58分01秒をマークし、自身の持つ区間記録を更新したのです。秋山選手は区間賞と共にMVPにも輝いています。 区間賞獲得の選手の中で、歴代8位の好タイムを出した神奈川大の鈴木健吾選手と、区間記録に迫る快走を見せた青山学院の下田裕太選手もひときわ大きな注目を集めました。
近年は青山学院が安定した強さを見せていますが、今大会で3年生以下が5人入ったメンバー構成で準優勝した東洋大も来年の活躍が期待されるチームです。

まとめ

チームの勝利のため、仲間にタスキを繋ぐために力を振り絞って走る選手の姿は感動を呼び、走っている選手すべてを応援したくなってしまう人も少なくないと思います。 2017年の箱根駅伝では、順天堂の8人抜き、拓殖大の10人抜きなど、ここで紹介した以外にも数々のドラマが生まれていました。 選手やチームを知ると、次回大会の観戦がより楽しくなりますね。

おすすめの記事