「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2017】国士舘大学の動向に迫る

2016 11/25 11:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

国士舘大学に所属する注目選手は?

どのチームでも、1番注目が集まるのはやはりエースと呼ばれる選手ですね。国士舘大学チームの現在のエースは2年生の住吉秀昭選手です。走りに期待がかかる住吉選手ですが、ハーフマラソンのタイムではチーム内2番手とのこと。しかし、彼が2016年に叩き出したハーフのタイムは、すべての大学を含めた日本人ルーキーの中でトップを誇るものでした。そのトップクラスの脚力は国士舘大学チームを牽引する最大の武器と呼ぶことができるでしょう。

第48回全日本大学駅伝~国士舘大学の結果

2016年11月6日、今年も第48回となる全日本大学駅伝が開催されました。箱根駅伝と並び『学生三代駅伝』と呼ばれるこの大会。日本にある大学駅伝チームの中から日本一を決めるという、駅伝部に所属する選手にとっては重要な意味をもつ試合です。
国士舘大学も6大会ぶりとなる出場を果たします。箱根駅伝の前哨戦ともいえるこの試合での国士舘大学の順位は、27校中14位という悔しい結果に終わります。初春の大会本番へ向けた課題も改めて見えた一戦となったのではないでしょうか。

2017年第93回箱根駅伝へ向けて…

「もっと強くなって箱根の舞台に立ちます」

出典: twitter

全日本大学駅伝を終えた後、エースの住吉選手はSNSで悔しさを語りました。それは、今回の結果に満足がいかないという思いの現れといえるでしょう。
駅伝はチームプレイ。エースの住吉選手はもちろんですが、チームメイト一丸となってレースへ挑むことが勝利への一本道となります。いかに全員がいまの力を発揮できるベストなコンディションへもってくることができるか。全日本大学駅伝の結果から見えた課題を胸に、箱根駅伝に姿を見せるチームがどう変わっているのか注目です。

まとめ

1年の始まりを箱根駅伝で実感する方も多いかもしれません。そしてその日は駅伝を走る選手たちにとっても、何よりも特別な日となることでしょう。凛とした冬の寒さと、人々の声援を背に受け、2017年最初の栄冠を手にするため、国士舘大学の再スタートがここから始まります。

おすすめの記事