「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校生アメフト選手はどのような体作りをすればいい?

2017 3/3 09:51ユタロー
アメフト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by tammykayphoto/Shutterstock.com

アメフトは、人と人がぶつかり合うスポーツです。 日本においては、高校生から始める人も多いスポーツであり、始めた当初はまだまだ体ができあがっていない場合が多いです。 アメフトに必要な体作りというのはどのようなものでしょうか?

アメフトをしたときに体にかかる負荷

アメリカンフットボールは、「コリジョンスポーツ」という別名を持っている通り、相手とぶつかってかなりの衝撃を受けてしまうスポーツです。ある程度体を鍛えた高校生であっても、最低で70kg、大きくなると100kgにもなる体重の選手同士がぶつかるため、受けた方はかなりの衝撃を受けます。
高校生になってアメフトを始めてすぐの場合は、このような負荷に耐えることができないので、しっかりとした基礎トレーニングが必要となります。

けがを防止するトレーニングが必要

アメフトにおいて最も重要なことは、けがをしないためのトレーニングをすることといえるでしょう。特に首は入念にトレーニングする必要があります。首の中の頸椎を傷つけてしまうと、命の危機に瀕してしまったり、体が不随になったりすることもあるので注意しましょう。
そして、首を鍛えると同時に、体幹を同時に鍛えて、強烈な衝突に耐える力をつけた方がよいでしょう。体感と首がしっかりしていれば、自分よりも体の大きな選手を止めることもできるといわれています。

おすすめの記事