「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

会場が盛り上がる柔道の手技4選

2016 12/9 21:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

掛けやすい内股すかし

内股すかしは、ある意味カウンターの技ともいえるだろう。相手選手が自分の内股をかけようと出してきた足をかわして、相手の動きを利用して回転させて倒す技で、内股をすかすということで内股透かしといわれている。
この技は、一本を取る確率が高いということで人気の技となっている。だが、タイミングを見誤ると、内股をかけられてしまうので、自分が危険にさらされる。
日本の篠原信一選手が得意としていたが、シドニー五輪で誤審が問題になったのがこの技だ。

プロレス技のような肩車

肩車は投げ技のひとつとされている。重心を崩した相手の懐に潜り込んで、相手の股に手を入れて、肩で持ち上げて回転させながら投げ落とす。
この技を初めてみた時は、まるでプロレス技のような印象を持ってしまうが、昔からあるれっきとした柔道の技だ。覚えるのが非常に簡単で、体格を気にせず使うことができるのだが、足取り禁止のルールに抵触しないためにも、使うタイミングを見極めるにはかなりの熟練が必要だ。
国際試合においては基本的に禁止技とされているが、返し技や連続技として使用することは認められている。

幻の技 山嵐

山嵐は、一部では幻の技とも言われている投げ技だ。相手選手の右袖と左襟の同じ方向をつかんで投げるもの、非常に豪快な技だ。
なぜこの技が幻なのかというと、一時期は手技から外されてしまい、技のひとつとして認められていなかったからだ。
その後、再び技と認められ、手技の中に組み込まれたのだが、今度はルール改正により、同じ側の襟と袖を長く握っておくと反則になってしまうため、なかなか技に持ち込むことができないのだ。そのため、技の難易度も相まって幻の技と言われている。

まとめ

数ある柔道の技の中でも、手技について紹介させていただいた。今回紹介した技は手技の中でも一部だが、メジャーなものから、派手なもの、幻とされるものまで取り上げた。どれも生で見ると迫力満点なので、ぜひ柔道の試合を観戦してみてはいかがだろうか?

おすすめの記事