キタサンブラックのローテが決定 春は国内G1・3連戦 | SPAIA

キタサンブラックのローテが決定 春は国内G1・3連戦


1月12日(木)12時58分配信

 16年度JRA年度代表馬に選出されたキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)のローテーションが12日に発表された。ドバイ遠征は行わず、春は国内に専念する。

 昨年と同様、今年からG1に昇格する大阪杯(4月2日・阪神)で始動し、その後は連覇の懸かる天皇賞・春(4月30日・京都)から、昨年3着に終わった宝塚記念(6月25日・阪神)を目指す。清水久詞調教師は「オーナーと相談して決めました。去年は宝塚記念を勝っていないので」と説明した。今秋、プランに挙がっている凱旋門賞・仏G1(10月1日・シャンティイ)挑戦を前に、国内制圧を果たす構えだ。

おすすめの記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません