織田信成、父の顔 スパルタ指導で6歳長男泣かすも「五輪へ行って欲しい」 | SPAIA

織田信成、父の顔 スパルタ指導で6歳長男泣かすも「五輪へ行って欲しい」


1月5日(木)18時22分配信

 プロスケーターの織田信成(29)が5日、東京ミッドタウンの「三井不動産アイスリンク」のオープニングイベントに出席し、エキシビション演技と、スケート教室を行った。

 オープニングではコブクロ「蕾」にのせて、しっとりとした演技で観客を魅了。司会者から「さすがの演技ですね」と振られると「ですよね。切れ味抜群」と、満更でもない表情で胸を張った。

 現在は関大のアイスリンクでアシスタントコーチとして後進の育成にも尽力している。「僕は結構スパルタで厳しいですよ。わ~っていう時もある。みんな本気で上手くなりたいと思っているから、僕も本気。結構バチバチやってます」と、意外な事実を明かした。

 前日も6歳の長男にスケートの基礎を教えていた際に「サークルっていうリンクに図形を描く練習をしていたんですけど、子供が泣くぐらい怒ってしまって…」と、苦笑い。6歳の長男と、4歳の次男はともにスケートを始めており、「僕じゃなくて羽生くんに憧れてます」。3人の息子の五輪への思いを聞かれると「できればみんな行って欲しい。上の2人はスケートが好きといってくれてるので」と、父親の顔で話した。

おすすめの記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません