富樫が20得点!千葉、B上位勢なぎ倒し初V/バスケ | SPAIA

富樫が20得点!千葉、B上位勢なぎ倒し初V/バスケ


1月10日(火)6時23分配信

 バスケットボール・全日本総合選手権最終日(9日、東京・国立代々木競技場)男子の決勝がBリーグ勢の顔合わせで行われ、千葉が川崎に88-66で快勝し、初優勝を果たした。米プロバスケットボールNBAの下部リーグでプレー経験のあるPG富樫勇樹(23)が両軍の日本選手でトップの20得点を挙げ、創設6シーズン目のチームに初タイトルをもたらした。 千葉は第2クオーター(Q)で、Bリーグ中地区首位を走る川崎の攻撃陣を7得点にとどめて逆転。36-26で迎えた後半は富樫の3点シュートなどでリードを広げ、快勝した。東地区3位のチームは、準々決勝で同2位の栃木、準決勝で西地区首位の三河とリーグ上位勢を立て続けに撃破。23歳の司令塔は「一発勝負で勝てた。言葉にできないくらいうれしい」と声を弾ませた。3年ぶりの優勝を逃した川崎・篠山竜青「千葉は勢いがあった。一発勝負の怖さを思い知らされた」

おすすめの記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません