ヤクルト石山、産声を上げた中通総合病院を慰問 「優勝して、またここへ戻ってきたい」 | SPAIA

ヤクルト石山、産声を上げた中通総合病院を慰問 「優勝して、またここへ戻ってきたい」


1月12日(木)17時59分配信
秋田市の中通総合病院を慰問したヤクルト石川雅規(後列右から2番目)と石山泰稚(同右端)

秋田市の中通総合病院を慰問したヤクルト石川雅規(後列右から2番目)と石山泰稚(同右端)

 ヤクルトの石川雅規(36)、石山泰稚(28)の両投手が12日、地元・秋田市の中通総合病院を初めて慰問。小児科病棟の子供たちと触れ合った。

 ともに秋田市出身。石山は中通総合病院で産声を上げた。「僕が生まれたときは病院の建物が古かったころ。優勝して、またここへ戻ってきたいです」と話した。

 2人の息子を持つ石川は「子供たちがいい目をしていた。いい笑顔をしていた。こういう機会はうれしいです。体を鍛え直して、石山と一緒に投手陣を引っ張っていきたい」と決意を新たにした。

おすすめの記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません