インタビュー

スポーツ ✕ テクノロジー

MIZUNOスイングトレーサーが進化させるバッタースイング

野球


スポーツ選手が注目の集まる舞台で力を発揮するに至るまでには、多くの裏方の仕事あり、選手の活動を支えています。
これからSPAIAでは選手だけではなく、スポーツを裏方として支えている方々についてもご紹介していきたいと考えています。

今回は、アスリートのトレーニングや競技への参加時に欠かせないスポーツ用品を作り、日本にとどまらず世界規模でスポーツの振興をがっちり支えている企業、ミズノ社の方にお話を伺いました。

様々な商品・サービスがある中からご紹介いただいたのは、IoTの技術でバッターの強い味方となる「スイングトレーサー」。
実際に体験した様子も交えて、どのようなものかお伝えします。

【お話を聞かせてくださった方】

ミズノ株式会社 研究開発部 主任研究員

センシングソリューション研究開発課 課長

鳴尾 丈司

●大阪大学工学部精密工学科 1986年卒業、同年4月入社。2004年工学博士号取得(福岡工大)

●技術開発本部 研究開発チーム配属、その後研究開発部に。研究開発業務一筋

●ゴルフ用品、野球用品、テニスラケットなどの研究業務

主な成果は、ゴルフクラブ反発の研究、野球バットの反発の研究、ゴルフボール空気力研究、ゴルフ飛翔軌道分析装置「ピタゴラス」開発、ゴルフシャフト選定装置「シャフトオプティマイザー」開発、サッカーシューズの研究、「Ignitus」の開発

●趣味 登山、読書

■スイングトレーサーとは?

――今回ご紹介いただくスイングトレーサーとはどういうものなのでしょうか。

鳴尾:はい。スイングトレーサーは、スイングを定量的に可視化するシステムです。

(バットに取り付ける)センサーは、慣性センサーと言われる加速度センサーとジャイロセンサーを使っています。これらのセンサーはスマートフォンやタブレットにも入っていますが、それらに比べると野球のスイングという高速な運動を分析しますから、非常に高精度で特別なセンサーを使っております。

従来そういうものがなかなかなったんですが、セイコーエプソン社が高精度高レンジのセンサーを開発したということから、このスイング分析システムを開発しました。

――どういう風に使うのでしょうか。

鳴尾:道具としては、センサー・アタッチメント・スマートフォンもしくはタブレット(事前にアプリインストールとID取得が必要)の3つがあれば、システムを使用することができます。
アプリケーションはiOS、Androidどちらも対応しております。

センサーをアタッチメントでバットのグリップエンドに装着します。このアタッチメントはどんなサイズのバットでも着けることができます。
センサーが青く点滅すると計測可能です。

後はバットをスイングすると、すぐに計測結果が出ます。

スイングトレーサーでは、スイングで重要な以下の数値を計測します。
     
  • スイング時間:スイング開始からボールがバットに当たるまでの時間
  •  
  • 回転半径:スイングのコンパクトさを表す指標
  •  
  • ヘッドスピード[MAX]:ヘッドスピードの最大値
  •  
  • ヘッドスピード[インパクト]:ボールがバットに当たる瞬間のヘッドスピード
  •  
  • ヘッド角度:インパクト時のバット上下方向への傾き
  •  
  • インパクト加速度:バットがボールに当たる寸前のヘッドスピードの変化量
  •  
  • ローリング:インパクト時のバット長軸周りの回転量を示す数値
  •  
  • スイング軌道:インパクト直前にバットヘッドが移動する上下の方向(ダウンスイングかアッパースイングか)
数値の詳細な説明は、ミズノ社スイングトレーサーのホームページを参照ください。
http://www.mizuno.jp/baseball/swingtracer/

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません

プロ野球 OPS順位

02/14 14:00更新
セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
1筒香 嘉智DeNA1.110
2山田 哲人ヤクルト1.032
3鈴木 誠也広島1.015
4坂本 勇人巨人.988
5バレンティンヤクルト.885
 選手名・所属チームOPS 
1柳田 悠岐ソフトバンク.969
2角中 勝也ロッテ.877
3浅村 栄斗西武.867
4糸井 嘉男オリックス.849
5メヒア西武.842

プロ野球 順位

10/05 21:36更新
セ・リーグ
パ・リーグ
 チーム勝率
1広島89522.631優勝
2巨人71693.50717.5
3DeNA69713.4932.0
4阪神64763.4575.0
5ヤクルト64781.4511.0
6中日58823.4145.0
 チーム勝率
1日本ハム87533.621優勝
2ソフトバンク83546.6062.5
3ロッテ72683.51412.5
4西武64763.4578.0
5楽天62783.4432.0
6オリックス57833.4075.0