人気と実力を兼ね備えたバレー界のスター!木村沙織選手の功績 | SPAIA

人気と実力を兼ね備えたバレー界のスター!木村沙織選手の功績


女子バレー 日本

Photo by Pal2iyawit/Shutterstock

日本女子バレー界の不動のエースとして活躍してきた木村沙織選手。 選手としての能力はもちろん、その抜群のスター性でたくさんのファンの心をつかんで離さないスタープレイヤーです。 そんな木村選手の功績をまとめました!

子ども時代からスターだった!木村選手の抜きん出たバレーボール人生

木村沙織選手は、1986年8月に埼玉県で生まれ、東京都で育ちました。両親がバレーボール選手だった影響もあり、小学2年生の時にバレーボールを始めます。小学生時代は秋川JVC、中学・高校時代は名門成徳学園で厳しい練習を重ねた木村選手。持ち前の運動神経に恵まれた体格が加わり、めきめきと実力をつけていきました。
中学生時代は全日本中学校バレーボール選手権で優勝。高校生時代は2003年の春高バレーで全国優勝を果たします。この活躍がきっかけとなって全日本強化選手に選ばれ、高校2年生の時に全日本代表選手デビュー。高校生でナショナルチームに選出された例は、バレーボールでは稀です。木村選手の才能の片鱗がうかがえますね。

鮮烈デビュー!高校3年生で代表スタメンに選ばれた木村沙織選手

木村沙織選手が初めて日本代表チームのスターティングメンバーとなったのが、2004年5月に東京で開催されたアテネオリンピック最終予選大会でした。この時、木村選手は高校3年生の18歳でしたが、第1戦の対イタリア戦では14得点をマークする大活躍!若さあふれるルックスもあいまって、日本中のバレーボールファンに木村沙織の名を印象付けた鮮烈なデビュー戦となりました。
同年8月に開催されたアテネオリンピックの本大会では、運悪くヘルニアを発症してしまい、ほとんど試合に出場できず。高校卒業まで、腰痛の影響でほとんど活躍できませんでしたが、木村選手のそれまでの実績と抜きん出た才能を実業団チームが見逃すはずはありません。成徳学園卒業後、東レ・アローズの選手として新たなバレーボール人生をスタートさせました。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません