水球の歴史を理解する5つのポイント | SPAIA

水球の歴史を理解する5つのポイント


水球

Photo by PhotoStock10/Shutterstock.com

みなさんは、水球の歴史についてどのくらい知っていますか?水球の発祥の地など、知られていないことも多くあるのではないでしょうか。ここでは、水球がどこでどのようにして広められてきたのか紹介いたします。

水球の起源は?

水球の発祥国はイギリスです。19世紀の半ばにイングランド内でプールが作られ、そこから水泳を習うことができるクラブが多く立ち上がります。
それぞれのクラブの特徴を出そうとイベントが多く行われ、その中でも注目を集めていたのが、水中で行うウォーターフットボールです。フットボールとはいえ、ボールをキックするのが難しいため、手を使いながらゴールを目指すスタイルに変化していきます。これを水中フットボールとして新たにルールを作ったのが、水球のルーツと言われています。

日本への水球の普及

水球のルーツはイギリスで、それ以降、ヨーロッパ各国やアメリカに広まっていくことになります。では、日本にはどのように普及したのかということですが、その歴史は1907年までさかのぼります。
公式の記録をみると、日本最古の水球の試合が行われたのは、第二回関東連合遊泳大会において東京高等師範学校と第一高等学校によって行われた試合とされています。日本の場合、東京の大学チームから水球チームが作れられ、その後各地に広がっていたとされています。

日本水球チームの世界への羽ばたき

海外に遅れはしたものの、日本では1907年に水球が導入されていたようです。1915年に慶応義塾水泳部内にウォーター・ポロ・チームが作られ、8月に初の国際試合デビューとして横浜外人クラブとの試合が行われてから、国民の関心も集まるようになります。
その後の1925年には、日本選手権に水泳競技の一種目として導入され、1932年には日本代表チームを編成し、ロサンゼルスオリンピックに出場を果たしました。これが日本水球チームの国際大会のデビューとなったのです。
現在、海外選手と同等に戦うにはまだレベルに差がありますが、選手強化や環境の整備に力をいれ、リオ五輪では念願のオリンピック出場を果たしています。

日本水球の未来

日本国内ではまだまだ水球がメジャーとは言えませんが、少しずつその関心が高まってきています。社会人チームがいくつか存在するものの、現在は大学生のチームがトップレベルとなっています。日本がこの先水球のレベルを上げていくには、競技人口の増加がまず第一のポイントに挙げられます。
野球やサッカーなどは言うまでもなく競技人口が多く、下部チームが多数存在しています。競技人口を増やすことでプロチームができあがり、日本の強化競技として組み入れられていくことで、海外からの遅れを取り戻す必要があります。

海外チームの強さ

ヨーロッパには、日本と違いプロリーグが存在しています。イタリア、スペイン、ハンガリー、クロアチア、ドイツにプロリーグがあり、そのうち、ハンガリーやモンテネグロ、クロアチアでは国技となっています。プロリーグがあることで、より高いレベルで技術の強化やコンビネーションなどに磨きをかけることが可能になります。
スピーディーなパスワークと、豪快に決めるシュートが水球の見どころの一つです。海外選手は体格もよいことから、そのダイナミックさに驚かされます。

まとめ

以上、水球の歴史について紹介してみました。日本ではまだまだメジャーとは言い切れない水球ですが、着実にそのファン層を広げています。これまでの水球の歴史をみながら、これからの日本代表の活躍を応援しましょう。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません

人気記事ランキング