知っていると競泳が楽しめる!潜水のルール | SPAIA

知っていると競泳が楽しめる!潜水のルール


水泳

Photo by Solis Images / Shutterstock.com

オリンピックのメーン種目の一つである競泳。泳法や距離によって種目が細かくわかれていますが、レースをスタートした際に行う潜水には実はルールがあるのをご存知でしょうか。今回は、潜水にルールができた経緯や、その契機となった事柄について紹介していきます。

潜水は水中の抵抗が少なく高速推進を可能に

潜水泳法は水中で無呼吸のままバタフライキックを繰り出し続けて推進する泳法です。水面を移動する際に発生する「造波抵抗」を軽減する効果があるため、一般的に他の泳法よりも速いとされています。2016年現在、競泳における潜水のルールは1956年に開催されたメルボルン五輪の直後に改正されたものがベースとなっています。その契機を作ったのは「人間ノーチラス」との異名を持つ古川勝氏でした。古川氏が潜水泳法で金メダルを取ったことによってルールが変わったのです。

桁外れの肺活量で潜水泳法を生み出した古川勝氏

古川氏は入部した日本大学水泳部のOBで、ベルリン五輪の平泳ぎ男子200メートル金メダリストの葉室鐡夫氏から助言を受けて、世界で勝つために潜水泳法に力を入れました。古川氏は人並み外れた肺活量を持っていたため、無呼吸状態で大量の酸素を必要とする潜水泳法に適していました。潜水泳法は絶大な力を発揮し、メルボルン五輪の前年(55年)に世界新記録を樹立して一躍世界のトップに躍り出ると、翌年のメルボルン五輪でも男子200メートル平泳ぎにおいて金メダルの栄冠に輝きました。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません