大相撲界の神業師「床山」を徹底解説! | SPAIA

大相撲界の神業師「床山」を徹底解説!


相撲

出典 http://heshbonit.seesaa.net

大相撲ファンの方へ。 裏方として活躍する「床山」がどんな職業か知りたいと思いませんか? 床山がどんな仕事をして、どれくらいの収入を得ているのか、そして床山になるための条件などをご紹介します。

「床山」って何をしてる人?

大相撲の世界には、力士の他に勝敗のジャッジを決める行司がいたり、年寄と呼ばれる親方がいたり、関わっている人がたくさんいます。その中に「床山」と呼ばれる人がいるのをご存知でしょうか? 
中には聞いたことすらないという方もいるかもしれませんが、「床山」は大相撲においてとても重要な役割を果たしている人なんです……。
前置きが長くなりましたが、「床山」というのは力士の髪を結っている人、つまり、あの勇ましいちょんまげを作っているのは力士本人ではなく、この「床山」なんです。あのちょんまげが無くなってしまったら、なんか物足りなく感じてしまいますよね。

床山には6つの階級がある!

幕下、十両、幕内、大関、横綱など相撲に番付があるように、床山にも番付(階級)があります。
上から順番に特等床山、一等床山、二等床山、三等床山、四等床山、五等床山。
技術や勤続年数によって階級が振り分けられますが、いくつか条件があります。


特等床山…勤続年数が45年以上及び60歳以上、特に成績優秀
一等床山…勤続年数が30年以上で成績優秀、勤続20年以上30年未満で特に成績優秀
二等床山…勤続年数が20年以上で成績優秀、勤続10年以上20年未満で特に成績優秀
三等床山…勤続年数が10年以上で成績優秀、勤続5年以上10年未満で特に成績優秀
四等床山…勤続年数が5年以上で成績優秀
五等床山…勤続年数が5年未満

出典: ミキマネブログ

最初の5年は見習いという事で、階級が一番低い五等床山からスタート。勤続年数と技術が上がるたびに階級が上がっていくというわけなんですね。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません