これまでのサッカーのフォワード名選手を紹介 | SPAIA

これまでのサッカーのフォワード名選手を紹介


1番はなんといってもこの人!サッカーの神様「ペレ」

サッカー王国で生まれ育ったペレは15歳でデビューしました。それから引退までの間に通算1363試合にも出場をしています。その中で挙げた得点はなんと1281得点。サッカー人生において脅威の実績を残したまさしく神でもあります。W杯では3度の優勝に導き、その名は瞬く間に知れ渡っていきました。サッカーをしている人でペレを知らないと言った人はいないのではないでしょうか。まさしく歴史に残る人物としては1番に輝くと思います。

フォワードの名選手といえばマラドーナも忘れてはいけない選手!

史上最年少でアルゼンチン・リーグをデビューしたとしてその名を轟かせていました。しかし、それだけでは名前を語り継がれる事はなかったでしょう。マラドーナの本当の凄さはデビューしてからにありました。世界各国の関係者が揃ってマラドーナを「天才」と言います。有名なプレーでは1986年のW杯で見せた「神の手」は今でも語り継がれるほどのプレーです。
もう一つはマラドーナの象徴とも言えるドリブルで見せた「5人抜き」。これらは今後もサッカー界において語り継がれる事となるでしょう。引退後はアルゼンチン代表監督も務め、惜しくも準々決勝で敗れ2010年に解任となっています。

現在の1位の名選手はやっぱり「メッシ」

13歳という若さでFCバルセロナに入団したメッシのプレーは世界にも認められており、突破力やゴール感覚では世界最高峰と言われています。その証として、5回のFIFAバロンドールを受賞した事やチャンピオンズリーグでは4回の得点王、リーガ得点王では3回という輝かしい実績を獲得しています。
サッカー界の有名選手などからはメッシが世界最高の選手だという声が多くあり、まさしく現在のサッカー界では知らない人がいないほどの史上最高の選手となっています。

メッシと並ぶ最高峰名選手「クリスティアーノ・ロナウド」

現在の最高峰の選手と並ぶ選手ではロナウドが挙げられるでしょう。バロンドールを3回受賞、レアル・マドリードでは通算最多得点記録を獲得、UEFAチャンピオンリーグでは最多得点記録を獲得するなどのさまざまな記録を持っています。ポルトガル代表ではキャプテンを務め、2016年には主要な国際大会大会初優勝に導くなど、その活躍はサッカー界を激震させました。
メッシを世界最高と呼ぶ人もいればロナウドが世界最高と呼ぶ人もおり、その評価はさまざまですが、どちらの選手もそれぞれ素晴らしい部分を持っており、どちらも選べないほどの選手ではないかと思います。

日本の名選手といえば「本田圭佑」

世界にも通用する日本のフォワード選手と言えば本田圭佑ではないでしょうか。石川県のサッカー強豪校である星稜高校へ進学し、3年生の時に出場した全国高等学校サッカー選手権大会ではベスト4に貢献しました。卒業後は名古屋グランパスエイトと契約。その翌年にはレギュラーを獲得しています。
2015年には日本代表として日本サッカー史上初となるW杯予選5試合連続ゴールを記録するなどの貢献をしています。それから名門セリエAのACミランに所属するなど、その活躍は日本人として輝かしいものを残しています。

まとめ

サッカー界におけるフォワードの名選手を紹介しました。歴史上の記憶に残る選手、現在も活躍している選手もいます。今後も新たな名フォワードの誕生が楽しみですね。

おすすめの記事

関連記事

試合経過・結果

5/25 23:16更新

セ・リーグ

  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

パ・リーグ

  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

人気記事ランキング