なぜ変わる?2017年Jリーグ1シーズン制の仕組み紹介 | SPAIA

なぜ変わる?2017年Jリーグ1シーズン制の仕組み紹介


Photo by Lukasz Libuszewski / Shutterstock.com

2016年10月、2017年のシーズンよりJリーグを2シーズン制から1シーズン制へ変更することが発表されました。 このシーズン制とはどういったものなのでしょうか? 今回はシーズン制とは何なのかということや、変更するメリット、デメリットなどを紹介します。

シーズン制の紹介

今回問題となっている1シーズン制、2シーズン制とはどういったものなのでしょうか?簡単に説明すると、1年間のシーズンを半分に区切るか区切らないかということです。
1シーズン制の場合は、シーズンを区切らず年間を通してリーグ戦を行い、優勝チーム1チームを決める戦い方になります。一方の2シーズン制の場合は、シーズンを半分に区切り、2度リーグ戦を行う戦い方で、それぞれ優勝チームを決めるため、優勝チームは最多で2チーム出てくることになります。
2シーズン制は、リーグ戦が2度行われると言っても、試合数自体は1シーズン制と変わることはなく、たとえば1シーズン制が年間40試合を行うなら、2シーズン制は1シーズンで20試合を行うという形になります。

Jリーグのシーズン変更の変遷

1993年に開幕したJリーグにおいては、当初は2シーズン制を採用していました。各シーズンの優勝チームを決め、その後年間のチャンピオンを決める「2ステージ制+チャンピオンシップ」の形です。
その後、日程の都合により一度1シーズン制を採用した以外は、基本的に2シーズン制でした。しかし、2005年よりヨーロッパの主要リーグに合わせる形で1シーズン制へと移行します。
その後、リーグにおける人気低迷と収入減少を危惧して、2015年より再び2シーズン制へ移行。復活した2シーズン制を2年間行いましたが、再び1シーズン制への移行が発表され、2017年からは1シーズン制で行われることになりました。
2シーズン→1シーズン→2シーズン→1シーズンと何度もリーグの形式が変わったことに加え、今回の変更は前回の変更からわずか2年ということもあり、疑問を持つサポーターも少なくありません。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません