鹿島アントラーズのサポーターを語る | SPAIA

鹿島アントラーズのサポーターを語る


出典 http://www.footballchannel.jp/

Jリーグが誕生して以降、鹿島アントラーズは常に上位に位置するクラブとして高い存在感を誇っていました。 彼らの隆盛にはそれを支えるサポーターの存在も不可欠であったと思われます。 本稿では、そんな鹿島サポーターについて説明していきます。

長年のファンが多い

鹿島アントラーズは、創設期から強豪ということもあり地元を中心に多くのファンが存在していました。 鹿嶋市議会議員である河津亨氏が中心となり結成されたサポーター集団「IN.FIGHT」が音頭を取る形で、どんどんサポーター数が増えていくことになったのです。
IN.FIGHTはブラジルのサンバを取り入れた応援スタイルをしていることもあり、多くの人がその応援に魅入られてJリーグ全体を見ても大きな存在となりました。

団結力を持たせる

鹿島サポーターは、古くからのファンも多く、年齢層も幅広いところが特徴なのですが、その状況にあって一体感を持たせる応援を目指していることでも知られています。 声援を送る側の団結力もチームの結束力と同様に重要なファクターであるといえます。 サポーターの団結がそのまま鹿島アントラーズのイレブンの団結につながっているともとれますね。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません