サッカーの背番号6の意味は?歴代日本代表選手を見てみよう! | SPAIA

サッカーの背番号6の意味は?歴代日本代表選手を見てみよう!


出典: https://www.daily.co.jp/

皆さんはサッカー選手の背番号の意味について考えてみたことがありませんか?サッカーの背番号にはそれぞれ意味があることがあるのです。今回は、そんなサッカーの背番号6の意味と歴代の日本代表選手についてご紹介します。

背番号6の意味とは

サッカーの背番号は主にゴールキーパーから順につけられていきます。サッカーが発祥となったころ、背番号は11までしかなく、スターティングメンバーは必ずこれらの背番号を背負わなければならなかったことから、その名残として今でも1~11番はスタメンに使用されやすい番号です。
その経緯から、6番という背番号はサイドバックのポジションの選手に多いとされています。ただし6番はフォーメーションによっても微妙に違い、フルバックの選手が背負っている場合もあります。

これからの選手である森重真人

現在の日本代表において、6番の背番号を背負っているのは森重真人選手です。
森重真人選手は、ポジションはミッドフィルダーやディフェンダーのポジションに徹していることが多いです。海外の経験はまだない選手ですが、大分トリニータ、FC東京で力をつけて行き、2013年から現在にかけてA代表入りを果たしています。40試合代表として出場しており、いまだに2得点ながらも随所で光るものを魅せており、今後の活躍に期待できそうです。

人気選手内田篤人

内田隼人選手は、2014年のワールドカップでは背番号6番ではなく、2番を背負っていましたが、2010年から2013年にかけて背番号6を背負っていたこともありますので、印象に残っている人も多いのではないでしょうか?
背番号2に変えたのは、2番という番号に特別思い入れがあって、お願いしたことから今の背番号に変わったようです。ただ、だからといって6番が嫌いなわけではなく、代表としての6番は好きだったとも語られています。

日韓ワールドカップのキーマン中田浩二

もう引退してしまいましたが、日本代表として人気の高かった中田浩二選手も背番号6番を背負っていました。ポジションはボランチとしてのミッドフィルダーや、センターバック、サイドバック等のディフェンダーのポジションになることが多かったです。
たぐいまれなるバランス感覚をもっており、トルシエ監督時代の要の選手でもありました。2002年の日韓ワールドカップにおいては背番号が違うもののフル出場を果たしています。最後に所属していた鹿島アントラーズでも、背番号6を背負っており、思い入れのある番号であると推測されます。

フットワークの軽い服部年宏

服部年宏選手は、日本代表としては少し懐かしい選手になると思います。現在は現役を引退していますが、1996年から2003年にかけて代表入りを果たしています。1999年から2003年まで背番号6を背負っていました。
運動量の高い選手であり、サポートとしてパスを出す一方で、攻撃にも参加することがあり、守備としても攻撃としてもマルチに活躍していました。1998年と2002年のワールドカップの出場経験があります。その後ジーコ世代になってからは、サイドバックへのポジションチェンジもありましたが、世代交代の波にのまれてしまいます。

まとめ

今回は、サッカーにおける背番号6の意味や、主な日本代表選手についてご紹介させていただきました。現在の期待の選手やかつて人気だった選手などたくさんの選手がいましたね。今後はどのような選手が子の背番号を背負っていくのか楽しみです。

おすすめの記事

関連記事

試合経過・結果

5/25 23:16更新

セ・リーグ

  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

パ・リーグ

  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

人気記事ランキング