オリンピックサッカーのオーバーエイジ枠について徹底解説! | SPAIA

オリンピックサッカーのオーバーエイジ枠について徹底解説!


オリンピック

Photo by katatonia82/Shutterstock.com

オリンピックで大注目のサッカーについて深く知りたい方への耳寄り情報があります。 オリンピックでよく出てくる「オーバーエイジ枠」についてもっと知りたい方はぜひご覧ください。 さまざまな視点からオーバーエイジ枠がどんなものかを徹底解説していきます。

オーバーエイジ枠のルールとは

オリンピックのサッカーは若手選手(23歳以下)がメインの種目となっております。なぜそうなっているかは後の項で説明させていただきます。
オーバーエイジ枠は、その名前の通り大会ルールである23歳を超える選手(24歳以上)でも1チームにつき3選手まで加えてもよいというルールです。各国は3名という限られた枠に誰を入れるか悩み抜きます。 やはり24歳以上ともなると、各クラブで主力を張る選手も多いですからね。オーバーエイジ枠の選手だけで試合の展開を大きく変えることもあります。

オリンピックのサッカーはあくまで若手選手がメイン?

前項でも紹介した通り、オリンピックのサッカーは23歳以下である若手選手がメインの大会です。それはなぜか。 皆さんご存知のことかもしれませんが、サッカーには「ワールドカップ」という非常に有名な大会があります。サッカーにおける世界大会では、こちらの方がウェイトを占めています。
しかし、どのスポーツにも言えることですが、スポーツ選手には世代交代というものがあります。その世代交代を促進させ、選手の成長を促すための位置付けとなるのがオリンピックのサッカーということになるわけなんですね。 ですから、オーバーエイジ枠の選手に活躍してもらうのはもちろん結構なのですが、どちらかというと本来の主役である23歳以下の選手たちに頑張ってほしいということになります。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません