今や国民的スポーツ!サッカーのオリンピック出場資格とは? | SPAIA

今や国民的スポーツ!サッカーのオリンピック出場資格とは?


サッカー

Photo by A.RICARDO / Shutterstock.com

サッカー競技は、夏季オリンピックにて行われます。オリンピックにおける男子サッカーは、1908年から公式種目となり、女子サッカーは、1996年から公式種目として行われています。世界中で誰からも親しまれるスポーツであるサッカーのオリンピック出場資格について改めて紹介します。

オリンピックサッカーの歴史

サッカーは、古くから世界中の人々に近しいスポーツとして親しまれてきました。サッカーというスポーツが確立される以前は、ボールを足で蹴る遊びとして、人類の誕生時期とほぼ同じくらいから存在したと考えられているそうです。
日本では、平安京の『蹴鞠(けまり)』として親しまれていました。そのため、オリンピック創成期には、すでにメジャーなスポーツとして知られていましたが、公式種目とされたのは、第4回ロンドンオリンピックのときでした。

オリンピック男子サッカーの出場資格

男子サッカーにおける個人のオリンピック出場資格は、年齢制限です。オリンピックでは、サッカー競技に限り、1992年のバルセロナオリンピック以降、出場資格に年齢制限が加えられました。そのため、メンバーは、U-23の選手と3人までのオーバーエイジ選手で構成されます。U-23は、オリンピックの前年12月31日に23歳未満であることが条件です。また、オーバーエイジは、オリンピックの前年12月31日に23歳以上であることが条件となります。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません