【熱いど!】兵庫県のサッカー強豪校5選 | SPAIA

【熱いど!】兵庫県のサッカー強豪校5選


兵庫

Photo by makieni/Shutterstock.com

毎年高校サッカーの全国試合を視聴するのが楽しみだという方へ。
各都道府県を代表する強豪校を知って、もっと高校サッカーを楽しみたいとは思いませんか?
今回はそのような皆様へ兵庫県のサッカー強豪校を5校紹介致します。

岡崎慎司の母校!兵庫を代表する強豪校滝川第二高校

ワールドカップ日本代表の常連選抜選手である岡崎慎司をはじめとして、数多くのJリーガーを輩出している兵庫県のサッカー強豪校と言えば滝川第二高校です。 2016年度も兵庫県の県総体において、宿敵神戸弘陵高校を破って見事優勝を果たしています。
兵庫県代表として幾多の出場経験を誇り、2011年の第89回全国大会では見事日本一にも輝いています。サッカー王国とも言われる兵庫県のブランドを築いた立役者といっていいのが滝川第二高校なのです。

兵庫県を代表するサッカーエリート集団!神戸弘陵学園高校

昭和58年に設立された比較的若いサッカー部でありながら、全国高校サッカー選手権大会では9回、インターハイ2回の出場経験を有する兵庫県のサッカー強豪校が神戸弘陵学園高校です。
同校の強みはヴィッセル神戸のU-15やU-12のチームの他、兵庫県の強豪中学生サッカーチームとして全国的にその名を轟かせているイルソーレ小野に所属していた選手など、既に小学校や中学校時代からサッカーエリートだった選手が多数在籍していることです。 いわば、兵庫県のサッカーエリートが集まるチームが神戸弘陵学園高校のサッカー部と言えます。

公立のハンディなんて感じさせない強さを誇る神戸市立科学技術高校

サッカー王国兵庫において、多数の私立強豪校に負けず劣らず大健闘している公立高校の強豪サッカー部が、神戸市立科学技術高校です。 2012年度の兵庫県総体において優勝を果たした後も、2013年3位、2014年も3位、県高校選手権においても12年度ベスト4、13年度ベスト4、14年度ベスト8と兵庫県公立高校を代表する素晴らしい戦績を残しています。同校の強さの理由ですが、同校が学校全体でスポーツがとても盛んなことがあげられます。
同校全体で運動部が盛んであり、近畿大会で好成績を残したり、全国大会に出場を果たしたりしている優秀な選手がいて、そうした選手が練習での良き見本となって相互で刺激し合っていることが大きな理由としてあげられます。

尼崎市民の誇り!公立強豪校市立尼崎高校

兵庫県における公立の強豪校として忘れていけないのは、兵庫県尼崎市市民から「市尼サッカー部」の略称で親しまれている市立尼崎高校サッカー部です。 平成28年度の兵庫県総体では堂々のベスト4と大健闘。過去においては例えば平成25年では県総体ベスト8入り、同年県選手権大会ではベスト16と、強豪がひしめく兵庫県において、素晴らしい活躍をしています。
市立尼崎高校の特徴ですが、設立はなんと1913年、尼崎市において最も古い伝統と歴史を誇る高校だけに、老若男女、多くの尼崎市民が同校サッカー部を熱烈に応援しています。

偏差値67!関西学院高等部はサッカー部も強豪!

関西学院高等部と言えば、関西の名門私立大学関西学院大学の付属高校であり、エスカレート式に関西学院大学に進学できることから大変人気が高く、入試偏差値は67にも及びます。 つまり兵庫県をはじめとして主に関西地方の秀才が集う高偏差値高校が関西学院高等部なのですが、そのサッカー部も兵庫県の強豪校の一つとしてその名を連ねています。
平成28年度の県総体ではベスト5。Jリーガーを多数輩出しているサッカー王国兵庫県において5本の指に入る戦績を残しているのです。

まとめ

ご紹介したとおり、兵庫県のサッカー強豪校には単に兵庫県を代表するだけでなく、将来日本のサッカー界をしょって立つ可能性があるような有望な選手が多数います。それだけに、サッカーファンにとっては兵庫県の強豪チームの活躍も見逃す訳にはいかないと言えるでしょう。

以上「【熱いど!】兵庫県のサッカー強豪校5選」でした。

おすすめの記事

関連記事

試合経過・結果

5/28 18:12更新
  • 本日開催される試合はありません

人気記事ランキング