【きばりやー!】奈良県のサッカー強豪校5選 | SPAIA

【きばりやー!】奈良県のサッカー強豪校5選


サッカー,試合

Photo by makieni/Shutterstock.com

奈良県の高校サッカー強豪校を知りたい方へ。
日本を代表するGKである楢崎正剛選手の出身校をはじめ、奈良県の高校サッカー事情を知りたいですよね。
強豪校と呼ばれる5校をご紹介します!

日本を代表するGK楢崎正剛選手の出身校【奈良育英高等学校】

奈良県の高校サッカーといえば!奈良育英高等学校が挙げられます。日本を代表するGKの名古屋グランパス所属・楢崎正剛選手の出身校として有名です。 楢崎選手が3年生時、高校サッカー選手権に初出場しベスト4まで昇り詰めるという旋風を起こし一躍全国に知れ渡った奈良育英高校。
その後、その活躍があったこともあり、多くのサッカー選手を目指す選手が入学し、奈良育英サッカーで育ち、Jリーグへと飛び立ちました。
奈良育英高は、奈良県奈良市に所在し、男女共学の私立中高一貫校です。 強豪校だけにサッカー部員も多く、全国的に注目を常に集めているサッカー部といえます。

人気の高い進学校【奈良県立郡山高等学校】

奈良県立郡山高等学校は、奈良県大和市郡山に所在する学校です。
県内でも有名な進学校であり、倍率が高く、少子化と呼ばれる今の時代であっても人気が集中している学校です。 というのも自由な校風ととにかく楽しく!という学校のモットーに共感する生徒が多いからだといいます。
サッカー部は2015年に高校サッカー選手権奈良県予選で初めて優勝を飾りました。 部員は50名前後、学校に重点を置く学校なので他の学校よりも練習時間は短いですが、それでも練習の質を求め、練習することで強豪校と呼ばれるくらいの強さを誇るチームとなりました。

全国大会出場のトビラをこじ開けた!【奈良市立一条高等学校】

奈良市立一条高等学校は、奈良県奈良市に所在している学校で、奈良市としてはじめての市立高校として開講した学校で知られています。サッカーが強い高校として知られており、冬の高校サッカー選手権大会に過去6度出場するなど、奈良県内でサッカー強豪校として注目されています。
奈良育英など、強豪校の2番手として2位に終わることが多くなかなか全国行きの切符を手にすることができなかった一条高校ですが、全国大会出場を経験し、さらに高い目標を立てて取り組んでいます。
「巧みに守り果敢に攻めよ」を部訓として掲げ、日々の練習を厳しく、激しく、楽しく行っています。 サッカー部員は50名前後で、全国大会出場を目指しています。

高校選手権で強豪を撃破【奈良県立香芝高等学校】

奈良県立香芝高等学校は、奈良県香芝市に所在する学校です。 サッカー部は80名以上は所属し、日々全国大会へ向けての練習に取り組んでいます。
冬のサッカー風物詩である高校サッカー選手権大会に出場し、1回戦で全国大会優勝経験を複数持つ全国的強豪 静岡県代表の藤枝東高校を相手にPK戦までもつれ込み試合を制すという全国サッカーファンに知れ渡る旋風を起こしたサッカー部です。
「Chance Challenge Champion」を掲げ、全国大会を目指すため奈良県予選に向けて常にチャレンジしているチームです。特に高校サッカーの一番の憧れの地である高校選手権を目指しています。

まとめ

奈良育英をはじめ、全国的にも注目されている奈良県の強豪高校チーム。たくさんのJリーガーを生んでいる地域でもあり、強豪の多い近畿地区だからこそ注目もされています。
高校サッカーには高校サッカーの良さがあり青春から伝わる感動がありますので、ぜひ観に行ってみてください!

以上「【きばりやー!】奈良県のサッカー強豪校5選」でした。

1

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません