サッカーで背番号11番を背負う意味とは? | SPAIA

サッカーで背番号11番を背負う意味とは?


サッカー 試合

サッカーで背番号11番を背負う意味が気になる方へ。
サッカーの背番号はもともとはポジション別に振り分けてあり、その名残でFWにつけることが多いのであるが、昨今では11番にどんな意味があるのか知りたいですよね。
サッカーで背番号11番を背負う意味を紹介します。

日本がほこる背番号11番

Jリーグ創世記から現代に至るまで、日本のサッカー界を代表すると言っても過言ではない、キングこと三浦知良。日本の11番はと聞かれると、この名前が真っ先に出るのではないでしょうか。三浦知良が日本代表から退いた後、呂比須ワグナーや鈴木隆行、巻誠一郎などエースと呼ぶにふさわしい名だたる選手が11番を背負ってきました。
しかしそれでも日本の11番は三浦知良なのです。それほど三浦知良が日本サッカーにもたらした功績は大きいのでした。そういう意味では日本の11番の持つ意味は特別なのかもしれません。

海外のナショナルチームで11番をつける選手

背番号11番と言えば、イタリア代表ではディ・ナターレやジラルディーノ、オランダ代表はロッベン、スペイン代表はペドロ、ブラジル代表ではロビーニョやネイマール、オスカルなどです。
当然と言えば当然なのですが、どの選手もビッグクラブでレギュラーもしくはエースストライカーとして活躍している選手ばかりです。ポジション的にも前線の選手が多く、点取屋としての意味合いを含む背番号であることは間違いなさそうです。

ビッグクラブで11番をつける選手

それではビッグクラブで背番号11番をつける選手に注目してみましょう。まずはバルセロナですが、11番はネイマールです。ブラジルでは文句なしの10番なのですが、メッシがいるために11番をつけています。レアル・マドリードの11番はウェールズ代表のギャラス・ベイルです。ヨーロッパでは知らない人がいない程のウインガーに成長し、レアルで欠かせない選手の一人です。
香川真司が所属するドルトムントの11番はマルコ・ロイス。今大注目のドイツ代表、快足サイドアタッカーです。他のクラブチームでも快足を武器とする選手が背負うことが多いのがこの11番です。

11番に多いポジションと役割

海外のサッカー選手で11番をつけている選手に多いのはドリブルが上手くスピードのある、ウインガーやサイドアタッカーが多いです。もちろん、イタリアのようなセンターFWタイプで11番をつけていたり、ブラジルのように本当は10番だが、空いていないから11番をつけていると言った例もあります。
しかし共通して言えるのは点取屋であることです。ドリブラーが多いことからもわかるのだが、9番や10番に負けないくらい派手なプレーを好む選手がつけているイメージもあります。それが魅せるプレーヤーの背番号11番です。

マンチェスターUの伝説「ライアン・ギグス」

ごく最近までマンチェスターUの11番と言えばライアン・ギグスでした。デビューから引退まで20年以上もマンUの背番号11を背負い続けました。ついたあだ名は鉄人。ギグスのマンUに残した功績を考えれば、永久欠番にしても誰からも文句は出なさそうではあるのですが、優れた選手が多く輩出されるマンUにはふさわしくないとして、本人が反対したようです。
ギグスらしい素敵なエピソードなのですが、今後、マンUの11番は10番を背負うよりも重たいのではないでしょうか。

まとめ

サッカーで11番を背負う重要な意味はありません。
特に現代はポジションで背番号を割り振るのではなく、選手の意向が優先されています。したがって特に意味がない場合がほとんどなのですが、日本の11番と言えば三浦知良、マンUの11番と言えばライアン・ギグスのような伝説的な選手が長らくつけた番号だとすれば、その番号は数字以上の重みが出てくるのです。

以上「サッカーで背番号11番を背負う意味とは?」でした。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • -
  • -

人気記事ランキング