サッカーで背番号7番を背負う意味とは? | SPAIA

サッカーで背番号7番を背負う意味とは?


footballロナウド

サッカーで背番号7番を背負う意味を知りたい方へ。
サッカー選手は自分の名前とも言える背番号にこだわりをもつものです。チームにとって背番号7番に意味はあるか知りたいですよね。
背番号7番を背負う意味を紹介します。

サッカー日本代表の背番号7番といえば

背番号7番と言えば記憶に新しいところでは、代表キャップ数が歴代1位を記録した遠藤保仁です。その前はと言うと初めて海外で成功した日本人サッカー選手の中田英寿が記憶に新しいです。日本では長年、チームの中心と言えるキープレーヤーがこの背番号を背負ってきたのです。遠藤が代表から外れた時には次にだれが7番、つまりは遠藤の後継者となるのかが話題に上がったりもしました。偉大なプレーヤーがつけた番号だから重要なのか、重要だから偉大なプレーヤーがつけるのかは分かりませんが、どちらにしろ、日本では注目される背番号であることは間違いないのです。

背番号7番をつけた有名選手達

現在のサッカー選手の中でメッシと並び最高の選手と評されるクリスティアーノ・ロナウド。彼はマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、そしてポルトガル代表で背番号7番を背負っていました。ポルトガル代表でクリスティアーノ・ロナウドの前に7番をつけていたのは、黄金世代と言われた代表チームの中心人物と言われたルイス・フィーゴです。レアル・マドリードで前に7番をつけていた選手は、ラウール・ゴンザレスで、レアル・マドリード、スペイン代表の至宝と言われ長きに渡りスペインサッカーを盛り上げた選手でした。

背番号7番に多いポジション

先ほど紹介したラウール、フィーゴ、ロナウドはFW、もしくは攻撃的なMFです。バルセロナではビジャやペドロ、マンチェスター・ユナイテッドではマイケル・オーウェンやディ・マリアと、全員とは言えないまでも、欧州のサッカーチームはスピードのあるウィンガータイプの選手が7番をつけることが多いようです。しかも、スーパースターと呼ばれるような選手が多く、どの選手も決定的なプレーができる選手ばかりです。日本のように中盤を支える選手が7番をつけることは少ないのかもしれません。

背番号7番が特別な意味を持つチームも

以前香川真司も所属したビッグクラブの中のビッグクラブ、マンチェスター・ユナイテッドにとって7番は特別な意味をもちます。マンチェスターUの7番と言えばエリック・カントナ、デイビッド・ベッカム、そしてクリスティアーノ・ロナウドの名前が上がります。どの選手もチームに多大な功績を残した伝説的選手で、ロナウドも現役を退けば伝説となることが確実な選手です。ベッカムの後、まだ10代だったロナウドがつけて話題にも上がりました。マンチェスターUで7番と言えば10番より重要な番号なのです。

背番号7番を背負う意味

サッカーにとって背番号7番は明確な意味はほとんどありません。もともとはポジションによって振り分けられていたものです。その名残を残しつつも、個人の希望が優先されるようになりました。ただ、チームによって特別な意味が継承されている番号はあるようです。背番号7番がその重要な意味を持つ場合も多いです。日本もその中の一つなのかも知れません。日本が世界を目指し始めたきっかけとなった中田英寿が好んでつけ、プレースタイルやキャラクターが多くの人を惹き付け、長きに渡り日の丸を背負った遠藤保仁が背負った番号なのです。重要な意味を持たないわけがありません。背番号10番と共に憧れの番号の1つであることは間違いないでしょう。

まとめ

世界各国のビッグクラブなどを調べてみたわけですが、予想以上に背番号7番は特別な番号でした。マンチェスターUにとっては英雄のみがつけるのを許された番号であり、生きる伝説と言えるクリスティアーノ・ロナウドがつけた番号とあれば、レアル・マドリードで7番を背負う意味も今後重要なものとなってくるのではないでしょうか。いろんなチームの7番に注目したいものです。

以上「サッカーで背番号7番を背負う意味とは?」でした。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球試合経過・結果

  • -
  • -

人気記事ランキング